北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道新幹線開業4年 5年目は険しいスタートに【函館】

開業から4年を迎えた北海道新幹線

 北海道と本州をつなぐJR北海道の北海道新幹線が26日で開業から4年を迎えた。昨年4月1日から2月29日までの利用客数が前年比2・3%増となった一方、今年に入ってからは新型コロナウイルスの影響で、2月の平均乗車率は前年を大きく割り込む苦境が続く。5年目は険しいスタートとなっている。

 JR北によると、道新幹線の1日当たりの平均乗車人員(昨年4月~今年2月末)は4800人で、乗車率は25%。16年の開業初年度が約6200人(乗車率32%)で最も多く、17年度が同5000人(同26%)、18年度が同4700人(同24%)だった。

 19年度は、ゴールデンウイーク(GW、昨年4月26日~5月6日)は前年比45%増の12万300人で、開業年を上回り最も利用が多かった。お盆期間(同8月9~18日)も同2%増、年末年始(昨年12月27日~1月5日)も同3%増と好調だったが、新型ウイルスの影響が直撃した3月1~8日の平均乗車率は約4分の1にまで減少。JR北は「1月24日から3月まででおよそ47億円の減収を見込んでいる」とする。

 昨年のダイヤ改正で東京―新函館北斗間が最速3時間58分となったが、はこだてライナーの乗り継ぎを含む所要時間の長さや運賃といった課題が依然として残る。函館商工会議所の久保俊幸会頭は「4時間の壁をを突破しても、いまだにビジネスでは飛行機の利用のほうが多い。鉄道の魅力は当然あるが、航空路線はマイレージといったお得感も選択ポイントとして重要」と話す。

 道新幹線は3月25日から、新函館北斗―新青森間で青函トンネルを含むすべてのトンネルで携帯電話の不通区間が解消された。また昨年9、10月には青函トンネルで時速260キロでの試験走行を実施。このほか、貨客混載輸送も検討するなど札幌延伸を前に高速化や利便性の向上への動きが進んでいる。観光面での道新幹線に対する地元の期待は依然として高く、開業5年目の手腕に注目と期待が寄せられている。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...