北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

卓球・丹羽選手「最高の準備を」 東京五輪1年延期

 苫小牧市出身で東京五輪卓球男子の日本代表に決まっている丹羽孝希選手(25)=スヴェンソン=が25日、五輪延期を受け所属先のホームページ上にコメントを寄せた。「突然のことで驚いているが、オリンピックがいつ開催されたとしても日本代表として最高のパフォーマンスができるよう準備したい。自分に今できることを積み重ねていく」と気持ちを新たにした。

 丹羽選手は昨年、国際卓球連盟オーストリアオープン、T2ダイヤモンドシンガポール、ワールドカップ(中国)各男子シングルスで8強入りするなど、コンスタントに結果を残した。今年1月時点の世界ランキングで張本智和選手(木下グループ)に次ぐ日本勢上位2位以内を確定。日本卓球協会が定める代表選考基準を満たし、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロに続く3大会連続の五輪切符をつかんでいた。

 延期にはなったが、日本協会は24日に日本代表選手の再選考はしない方針を早くも示した。「本人も家族もひと安心しているところ」と話すのは丹羽選手の父孝司さん(48)。代表権獲得や本番に向けた大会参戦の日々が続いた分、基礎練習が積めていない現状を知っていた。延期中にいま一度トレーニングを重ね、「もうひと皮むけた姿をオリンピックで見せてほしい」と期待する。

 また、小学校低学年時に丹羽選手が通っていたクラブチーム苫小牧ジュニアの泊谷次郎代表(68)も「調整など大変なことは多いと思うが、もう1年練習が積める時間が増えると思って頑張ってほしい」とエールを送った。

 丹羽選手は、苫小牧緑小卒業後に青森山田中へ進学。14歳で世界卓球に出場するなど、若くして日本男子卓球をけん引する選手に成長したレフトハンドの逸材だ。

関連記事

根室新聞

移住体験住宅の利用再開【根室】

 根室市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月から利用を休止していた移住体験住宅を1日から再開した。国の「緊急事態宣言」解除を受け、6月19日から申し込みの受け付けを開始しており、...

苫小牧民報

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間...

日高報知新聞

セーフティラリー出発【浦河】

 7月1日から10月31日まで123日間、日常の運転を通じて無事故、無違反をチームで競う浦河警察署管内(浦河、様似、えりも3町)の「セーフティラリー北海道2020」の出発式は、1日に予定されていたが、...

日高報知新聞

店で使用の家具や陶器など【様似】

【様似】6月27日に営業を終了した町大通1の喫茶店「カフェマザー」が、1日から最後のフリーマーケットを開いている。4日まで。  同店は、2011年3月にオープン。地域住民に親しまれた店で、東日本大...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス