北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

卓球・丹羽選手「最高の準備を」 東京五輪1年延期

 苫小牧市出身で東京五輪卓球男子の日本代表に決まっている丹羽孝希選手(25)=スヴェンソン=が25日、五輪延期を受け所属先のホームページ上にコメントを寄せた。「突然のことで驚いているが、オリンピックがいつ開催されたとしても日本代表として最高のパフォーマンスができるよう準備したい。自分に今できることを積み重ねていく」と気持ちを新たにした。

 丹羽選手は昨年、国際卓球連盟オーストリアオープン、T2ダイヤモンドシンガポール、ワールドカップ(中国)各男子シングルスで8強入りするなど、コンスタントに結果を残した。今年1月時点の世界ランキングで張本智和選手(木下グループ)に次ぐ日本勢上位2位以内を確定。日本卓球協会が定める代表選考基準を満たし、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロに続く3大会連続の五輪切符をつかんでいた。

 延期にはなったが、日本協会は24日に日本代表選手の再選考はしない方針を早くも示した。「本人も家族もひと安心しているところ」と話すのは丹羽選手の父孝司さん(48)。代表権獲得や本番に向けた大会参戦の日々が続いた分、基礎練習が積めていない現状を知っていた。延期中にいま一度トレーニングを重ね、「もうひと皮むけた姿をオリンピックで見せてほしい」と期待する。

 また、小学校低学年時に丹羽選手が通っていたクラブチーム苫小牧ジュニアの泊谷次郎代表(68)も「調整など大変なことは多いと思うが、もう1年練習が積める時間が増えると思って頑張ってほしい」とエールを送った。

 丹羽選手は、苫小牧緑小卒業後に青森山田中へ進学。14歳で世界卓球に出場するなど、若くして日本男子卓球をけん引する選手に成長したレフトハンドの逸材だ。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...