北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

老健母恋で画面越しの面会、新型コロナ対策【室蘭】

面会禁止が余儀なくされる中、パソコンを用いた「モニター越しに面会できる」環境を整えた老人保健施設母恋

涙流し喜ぶ人も

 新型コロナウイルス感染の拡大防止に向けた態勢が敷かれる中、室蘭市新富町の老人保健施設母恋(榎並宣裕施設長)は、入所者と家族が「モニター越しに面会できる」環境を整えた。「お互いの顔を見ながら会話ができる」ため、入所者や家族双方が大喜び。最大限の感染防止策を取りながらコミュニケーションの機会を保つ工夫が、好評を博している。

 厚生労働省は2月24日、介護施設などでの新型コロナウイルスの集団感染を防ぐため、面会の制限や職員らの体温計測の徹底などの対応策を自治体などに通知。このため、高齢者施設などでは、緊急時ややむを得ない時を除いて、面会を制限する対応が余儀なくされている-という。

 老人保健施設母恋でも2月21日から、入所者への面会を禁じた。ただ「入所者は家族との面会を何よりも楽しみにしている。家族も入所者の状態を案じている」(中野美佐江看護課長)状況を踏まえ、「安全に会話ができる方法」(同)を検討。今月16日から「モニター越しで面会できる環境」を整えた。

 同施設では、家族が入れる1階受け付けと、入所者の共有スペースにパソコンを設置。公衆無線LAN(Wi-Fi)とビデオ通話ができる機能を用いることで、画面上で相手の顔を見ながら、リアルタイムでの会話が可能になった。

 利用時間は5分程度に限られるが、「入所者、家族ともに好評。中には『こうした状況でも話ができるなんて…』と、涙を流して喜ぶ人もいる」(中野課長)という。ほぼ毎日施設を訪れ、入所する夫(76)と画面越しに話す-という室蘭市東町の女性(74)は「画面に夫の顔が映り、声が直接聞けるだけで、うれしく思います」と笑顔を見せた。

 「ウイルスを施設内に持ち込ませないことが最大の予防策。通常の面会は禁止にせざるを得ない状況」と理解を求める中野課長は「少しでも、入所者と家族双方の心が和んでいただければ」と話す。

関連記事

釧路新聞

SL冬の湿原号今季最終運行

横断幕を掲げSLを出迎えるメンバーたち 今季最終運行で鉄道愛好家団体 JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」(釧網線釧路―標茶間)の今季の最終運行日となった2月28日、鉄道愛好家でつくる釧路臨港...

日高報知新聞

2021年度ホッカイドウ競馬開催日程

 2021年度のホッカイドウ競馬は4月14日に開幕し、11月4日が最終日。前年度と同じ82日間(15開催)で、全日程をナイター開催する。重賞9レースの1着本賞金を引き上げるほか、一般・特別レースの...

日高報知新聞

廃線の浦河駅で写真展「日高本線の軌跡~浦河に鉄道がある情景~」

 浦河町立郷土博物館主催の企画展「写真展 日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景」が、2月27日から昌平駅通のJR浦河駅待合室で開かれている。入場無料。  JR日高線(鵡川―様似間)は3月末日に廃止...

室蘭民報

室蘭に「春」到着 本州産花木、生花店に入荷【室蘭】

 室蘭市内の生花店に、本州産の春の花木が続々と入荷。厳しい寒さが続く室蘭にも、間もなく春が訪れることを告げている。室蘭市中島町のグリンデパート内にある花のあずまや本店では、モモやサンシュユ、ヤナ...

室蘭民報

亘理伊達家のお雛様 あすから企画展【伊逹】

 だて歴史文化ミュージアム(伊達市梅本町)で2日から企画展「亘理伊達家のお雛(ひな)様」が始まる。旧仙台藩亘理伊達家歴代の姫たちが嫁入り道具として持ち込んだ江戸時代の雛人形約40体などを展示する...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス