北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

老健母恋で画面越しの面会、新型コロナ対策【室蘭】

面会禁止が余儀なくされる中、パソコンを用いた「モニター越しに面会できる」環境を整えた老人保健施設母恋

涙流し喜ぶ人も

 新型コロナウイルス感染の拡大防止に向けた態勢が敷かれる中、室蘭市新富町の老人保健施設母恋(榎並宣裕施設長)は、入所者と家族が「モニター越しに面会できる」環境を整えた。「お互いの顔を見ながら会話ができる」ため、入所者や家族双方が大喜び。最大限の感染防止策を取りながらコミュニケーションの機会を保つ工夫が、好評を博している。

 厚生労働省は2月24日、介護施設などでの新型コロナウイルスの集団感染を防ぐため、面会の制限や職員らの体温計測の徹底などの対応策を自治体などに通知。このため、高齢者施設などでは、緊急時ややむを得ない時を除いて、面会を制限する対応が余儀なくされている-という。

 老人保健施設母恋でも2月21日から、入所者への面会を禁じた。ただ「入所者は家族との面会を何よりも楽しみにしている。家族も入所者の状態を案じている」(中野美佐江看護課長)状況を踏まえ、「安全に会話ができる方法」(同)を検討。今月16日から「モニター越しで面会できる環境」を整えた。

 同施設では、家族が入れる1階受け付けと、入所者の共有スペースにパソコンを設置。公衆無線LAN(Wi-Fi)とビデオ通話ができる機能を用いることで、画面上で相手の顔を見ながら、リアルタイムでの会話が可能になった。

 利用時間は5分程度に限られるが、「入所者、家族ともに好評。中には『こうした状況でも話ができるなんて…』と、涙を流して喜ぶ人もいる」(中野課長)という。ほぼ毎日施設を訪れ、入所する夫(76)と画面越しに話す-という室蘭市東町の女性(74)は「画面に夫の顔が映り、声が直接聞けるだけで、うれしく思います」と笑顔を見せた。

 「ウイルスを施設内に持ち込ませないことが最大の予防策。通常の面会は禁止にせざるを得ない状況」と理解を求める中野課長は「少しでも、入所者と家族双方の心が和んでいただければ」と話す。

関連記事

釧路新聞

博物館まつり 工作楽しむ【釧路】

   釧路市立博物館友の会主催の「第31回博物館まつり」が27日、同館講堂で開かれた。親子連れなど約500人が新型コロナウイルス対策を講じながら、手作り工作などを楽しんだ。  会場にはバルーンア...

函館新聞

待ってました!熱いステージ 大門ジャズフェスティバル【函館】

 地元で活動するジャズアーティストらの演奏を屋外で楽しむイベント「大門ジャズフェスティバル2020」(実行委、函館都心商店街振興組合共催)が27日、はこだてグリーンプラザ(松風町17)で開かれた...

函館新聞

稜北魂心に刻み 閉校記念式典、オンライン配信も【函館】

 来年3月に閉校する函館稜北高校(田邊禎明校長、生徒114人)は27日、同校で閉校記念式典を挙行した。新型コロナウイルス感染防止策を講じた上で、在校生や同窓生など約380人が参加。38年間の学校...

十勝毎日新聞

サンタメール Xマスの夜空を行進 今年の絵柄は渡辺さん作品【広尾】

 広尾町北方圏交流振興会(会長・村瀬優町長)は25日、「サンタランド」の広尾町から発送するクリスマスカード「ひろおサンタメール」のイラストを決める選考会を町コミュニティセンターで開いた。今年度の絵...

十勝毎日新聞

「核のごみ」受け入れ可能性なし 市町村長アンケート【十勝】

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた「文献調査」が、後志管内寿都町などによる応募の動きを受けて、にわかに関心を集めている。十勝毎日新聞社は十勝管内19市町村長に対...