北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

曜日ごとにオーナーが替わる 飲食店のシェアバーが4月開業【函館】

函館初のシェアバーを本町に開店するウィンベストレックスの上野社長(右)と武田さん

 函館市昭和2のIT関連企業「ウィンベストレックス」(上野喜幸社長)は4月1日、市内本町の飲食店ビルの一室で、1つのテナントを曜日ごとに別々のオーナーに貸し出す「シェアバー」の事業を始める。現在は、火、木、金曜以外の出店者が決まっており、2店舗目の開業準備も進めている。

 飲食店開業を目指す人のトレーニングのほか、副業や企業の福利厚生の場として活用してもらおうと企画。同社によると、東京や札幌ではシェアバーの開設が進んでいるが函館では同店が初という。

 店舗は市内本町の「第1LC館」3階で、約40平方メートルの店内に約20席を備える。それぞれが利用できる時間は午前9時~翌午前5時で、時間内であれば昼と夜で違う形態の店を開くこともできる。冷蔵庫や製氷機、食器、電子レンジ、通信カラオケなどが自由に使え、それぞれのオーナーが酒などを収容する鍵付きの棚も設置する。

 各曜日の月額会費(水道光熱費、火災保険など含む)は、金、土曜が4万8000円、それ以外が3万5000円で3カ月ごとの契約となる。

 同社によると、同規模のスナック開業資金は最低でも100万円程度となるが、シェアバーの場合は「酒などの仕入代金のみで店を始められるのが大きな利点」という。

 4月からの出店が決まっているのは、美容ネイルやトレーディング(株や為替などの売買)をテーマにしたバーなどで、特定のニーズを狙った店が多いのもシェアバーの特徴だ。

 上野社長は「飲食店の開業を目指している人のトレーニング以外にも、すでに事業をしている人がマーケティング店舗として活用する例も多い」とし、「月に4、5回の営業であれば利益5万円が一つの目標となる。当社のノウハウを生かして将来の単独出店のサポートもしていく」と話している。

 問い合わせは、同社シェアバー事業担当の武田将知さん(0138・76・3585)へ。

関連記事

日高報知新聞

日ごろの騎乗技術披露【浦河】

 浦河町西舎のJRA日高育成牧場の屋外角馬場で2日、夏季町民乗馬大会が開かれた。少年団から一般までの出場者は、障害飛越やジムカーナなど7競技で日ごろ積み重ねてきた騎乗技術の成果を競った。  大会...

日高報知新聞

「美味しいひだかのさかな」

 日高振興局は、新型コロナウイルス感染症の影響で価格が低迷し販売も不振な日高産魚介類の支援の取り組みとして、振興局職員による共同購入や動画配信で〝美味しいひだかのさかな”を全道にアピールしている。 ...

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...