北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

北海道じゃらんの「道の駅ランキング」 あびらD51ステーション8位

初エントリーでのトップ10入りに喜ぶスタッフ一同=あびら観光協会提供

 昨年4月にオープンした安平町追分の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、旅行専門誌「北海道じゃらん」の読者が選ぶ道内「道の駅ランキング2020」で総合8位となった。同駅を運営するあびら観光協会は「初年度でトップ10に入ったことを素直に喜んでいる。ご来場していただいた皆さまのおかげ」と話す。

 ランキングは、20年1月号の中で募集したアンケート結果に基づいて実施。トイレや室内の着席可能な無料休憩コーナー、レストランなどの食事メニュー、接客・サービス、清潔感など9項目の満足度を得点化して順位を決めた。

 今回は道内124の道の駅が対象で過去最多の2424件の得票数があり、D51ステーションは総合満足度(点)で80点をマーク。項目別では清潔感で86・9点、トイレで85・8点、アイスクリームなどのテークアウトメニューで83・4点、無料休憩コーナーで83・1点と高得点を挙げた。

 D51ステーションは道内124番目の道の駅として昨年4月19日にオープン。新千歳空港や札幌市内からも近いという立地条件を生かし、限定のテークアウト品を提供しているほか、蒸気機関車SL「D51―320号」や「キハ183系」を公開したことにより、イベントの開催や移動物販車なども積極的に行ってにぎわいも創出。現時点で85万人を超える来場者を呼び込んだ。

 今回の結果を受け、同協会の高津均事務局長は「それだけ多くのお客さんが来てくれたということ。胆振管内でも一番になれたことはうれしい」と笑顔を見せる。

 その一方で、上位の道の駅と比べて「情報発信の部分が弱かったと思う。管内の道の駅と連携して、もう少し強化していけたら」と見えてきた課題も整理。接客・サービスの点でも「来たお客さんにニコッと笑顔を見せられるよう心掛けていきたい。他の良いところを見習いながら、弱みを強みにしていきたい」と今後の意気込みを語る。

 「北海道じゃらん」2020年1月号で「道の駅満足度アンケート」を行い、▽トイレ▽無料休憩コーナー▽情報提供▽レストランなどの食事メニュー▽接客・サービスなど―9項目について読者からの回答を集計。寄せられたデータを基に100点満点に換算した「総合満足度」(点)を順位化した。

 上位の顔触れを見ると、1位は渡島管内木古内町の「みそぎの郷きこない」で85.5点の高得点をマークし、3連覇を達成。2位はオホーツク管内斜里町の「しゃり」(84.2点)、3位は宗谷管内浜頓別町の「北オホーツクはまとんべつ」(82.5点)。このほか、千歳市のサーモンパーク千歳が17位(78.2点)、むかわ町のむかわ四季の館が22位(77.4点)、苫小牧市のウトナイ湖が35位(75.8点)だった。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス