北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

苫小牧総合経済高校とセブン―イレブン・ジャパンが共同開発した期間限定販売の苫小牧みそホルモン焼きそば

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売している。昨年春に東胆振1市3町で期間限定販売した「苫小牧やきそば」の第2弾で、みそホルモンを具材に取り入れ、麺と野菜を増量した。4月末までの販売を予定している。

 同社と市が昨年3月に締結した地域活性化包括連携協定に基づく取り組み。第1弾の苫小牧やきそばをベースに、昨年11月末ごろから開発を始めた。同部が昨年の売り上げデータを分析し、最も売れ行きの多かった30~50代の男性をターゲットにすることを提案。麺の量を20グラム、野菜量を40グラム増やしボリュームアップしたほか、みそベースのあんにニンニクをたっぷり使用。食欲増進を狙った。

 両者で何度も試食を重ねたといい、同部部員の佐藤七星さん(17)は「歯応えあるホルモンを使用してもらうようこだわった」と話す。部長の伊藤真羽さん(17)は「ターゲットは男性だが、がっつり食べたい女性にもお勧め」とアピールする。

 江別市の工場で製造し、販売地域は胆振・日高管内の6市17町と後志管内真狩村の各店舗。昨年の商品が好評だったため、販売地域を拡大した。同社の苫小牧西地区の松井孝浩ディストリクトマネジャーは「売り上げが好調であれば販売期間を延ばしたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「牛肉巻きごはん」新名物に レシピ考案コン【清水】

最優秀賞に大塚さん  清水町のチーズを使い、新たな名物料理を生み出すレシピ考案コンテスト(十勝毎日新聞社主催)の最終審査会が19日、町中央公民館で開かれた。49作品の応募の中から、1次審査を通過...

十勝毎日新聞

初の「地ビール」 小麦とイモ原料 本格販売へ【大樹】

 JA大樹町青年部(半谷勇人部長、部員50人)は、大樹産の小麦やジャガイモを原料とした地ビール「大樹のしずく」を完成させた。澄川麦酒醸造所(札幌市)が約300本(1瓶330ミリリットル)を醸造。同...

十勝毎日新聞

仏レストランガイドに「マリヨンヌ」 「ゴ・エ・ミヨ」日本版【帯広】

 権威あるレストランガイドブック「ゴ・エ・ミヨ2021」に、帯広のフランス料理店「マリヨンヌ」(西1南10、小久保康生オーナーシェフ)が十勝で唯一掲載された。日本版5刊目の今回は、33都道府県...

十勝毎日新聞

「鳥せい」家庭で味わって 門外不出の味付け肉 福原が販売【十勝】

 スーパーマーケットチェーンの福原(帯広市、福原郁治社長)は、十勝のソウルフード「鳥せい」の門外不出の味を家庭で楽しんでもらおうと、パック入りの鳥せい味付け肉を商品化し、一部店舗で販売を始めた。数...

十勝毎日新聞

音更産100%ポップコーン 豚丼、あんこ…十勝感じる味変パウダー付きも【音..

 JA木野(清都善章組合長)は青果物仲卸の「ふたみ青果」(釧路市、松本厚社長)などと連携し、音更産のトウモロコシを原料にしたポップコーンを開発した。3月上旬、「JA木野が八百屋さんと一緒につくった...