北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

苫小牧総合経済高校とセブン―イレブン・ジャパンが共同開発した期間限定販売の苫小牧みそホルモン焼きそば

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売している。昨年春に東胆振1市3町で期間限定販売した「苫小牧やきそば」の第2弾で、みそホルモンを具材に取り入れ、麺と野菜を増量した。4月末までの販売を予定している。

 同社と市が昨年3月に締結した地域活性化包括連携協定に基づく取り組み。第1弾の苫小牧やきそばをベースに、昨年11月末ごろから開発を始めた。同部が昨年の売り上げデータを分析し、最も売れ行きの多かった30~50代の男性をターゲットにすることを提案。麺の量を20グラム、野菜量を40グラム増やしボリュームアップしたほか、みそベースのあんにニンニクをたっぷり使用。食欲増進を狙った。

 両者で何度も試食を重ねたといい、同部部員の佐藤七星さん(17)は「歯応えあるホルモンを使用してもらうようこだわった」と話す。部長の伊藤真羽さん(17)は「ターゲットは男性だが、がっつり食べたい女性にもお勧め」とアピールする。

 江別市の工場で製造し、販売地域は胆振・日高管内の6市17町と後志管内真狩村の各店舗。昨年の商品が好評だったため、販売地域を拡大した。同社の苫小牧西地区の松井孝浩ディストリクトマネジャーは「売り上げが好調であれば販売期間を延ばしたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

清水高 連覇 とかちマルシェ料理甲子園【十勝】

 全国の高校生が十勝産食材を使ってオリジナル料理を競う「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が28日に行われ、「十勝を発掘!? わくわくごはん」を作った清水高校のチームが優勝...

十勝毎日新聞

十勝生まれの赤色 ラズベリーで限定製造 帯広ビール【帯広】

 地ビール製造の帯広ビール(帯広、平林英明社長)は今年も十勝産ラズベリーをぜいたくに使った期間限定ビール「フランボワーズ」を発売した。真っ赤な色と華やかな香りが特徴だ。  「フランボワーズ」...

十勝毎日新聞

ゆで落花生 今年も販売 十勝グランナッツ【帯広】

 十勝で落花生のバリューチェーン(価値の連鎖)化を目指す「十勝グランナッツLLC」(帯広、田中一郎代表)は12月1日から、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」をコープさっぽろなどで数量限定...

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

十勝毎日新聞

「濃い」豆乳飲料できた! 「マメトペ+」【帯広】

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たち...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス