北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「モフタヌキ」死ぬ 動物園の「シロ」【帯広】

かわいらしい姿にたくさんのファンがいた「シロ」(おびひろ動物園提供)

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)のエゾタヌキ「シロ」(雄、11歳)が30日、死んだ。死因は調査中だが、解剖の結果、肺炎の一種の肺膿瘍(のうよう)などが確認された。

 同園によると、シロは27日朝に衰弱した状態で発見された。獣医師らが治療に当たったが、30日午前8時半ごろに旅立った。肝臓や腎臓にも病変が見られ、現在は帯広畜産大学が病理検査で死因を調べている。

 シロは2008年に円山動物園(札幌市)で生まれ、09年に妹「クロ」と来園。16年に「クロ」が死んだ後は17年に旭山動物園(旭川市)から来た「あん」(雌、7歳)と仲むつまじく過ごしていた。

 冬毛をふさふさと蓄えた愛くるしい様子はおびひろ動物園のブログやツイッターなどで注目を集め、シロの訃報を全国各地のファンらが「安らかに眠ってください」「ゆっくり休んでね」などと悼んでいる。エゾタヌキの展示は「あん」1頭となる。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖ユースホステル来月末に閉館 宿泊客減少や施設老朽化で

 66年前に国内第1号のユースホステル(YH)として開業した支笏湖ユースホステル(千歳市支笏湖温泉)が3月末で閉館する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う宿泊者の減少や施設の老朽化が理由。閉館後...

苫小牧民報

湧水豚とホッキのコラボ丼 マルトマ食堂、来月1日から新メニュー

 新型コロナウイルス感染拡大による暗い世相に明るい話題を―と、苫小牧市内の養豚場と飲食店が共同で新メニューを開発した。錦岡の養豚経営、ビィクトリーポーク(中岡勝社長)のブランド豚「樽前湧水豚」と、...

日高報知新聞

B☆Bもストリートピアノ【浦河】

 子どもから高齢者まで幅広い層を対象にした浦河町教委主催の「生涯学習フェスティバル体験フェア」が21日、総合文化会館で開かれ、午前と午後で約100人の家族連れなどが参加し、各団体(サークル)の活動に...

日高報知新聞

基幹産業の強化や子育て支援【新ひだか】

【新ひだか】町は22日、2021年度予算案を発表した。一般会計は前年度当初比6・2%増の156億414万円。国民健康保険、病院事業など6特別・事業会計を合わせた予算総額は4・2%減の229億3757...

室蘭民報

「工大王」に挑戦、謎解きゲーム開催 ドライブイン室蘭花火大会【室蘭】

 花火の前に室蘭工業大学生と知恵比べはいかが-。3月13日に道の駅みたら室蘭周辺特設会場で開催するドライブイン室蘭花火大会(同実行委員会主催)。当日企画として、同大学生有志による謎解きゲームを開...