北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

有珠山噴火から20年…次に備えて(下)【洞爺湖】

中学生を相手にガイドする火山マイスター

 2000年(平成12年)の有珠山噴火から、きょう31日で20年を迎えた。この噴火では当初、1万5千人超が避難指示・勧告の対象となったが、噴火前の事前避難により1人の犠牲者も出さなかった。

 20~30年周期で繰り返す噴火に備え、有珠山地域では、火山について正しい知識を持ってもらう地道な“人づくり”が続いている。

 火災防災の重要性を住民自身の言葉で語り継ぐため、08年に洞爺湖有珠火山マイスター制度が誕生した。現在は54人が活動しており、次の噴火に備え、地域減災力を高める取り組みを着実に進めている。

 火山マイスター制度は、1期生の6人を認定して始まった。19年までに12期生が誕生。観光関係者や自治体職員、主婦など、幅広い人材が活躍しており、長野県の御嶽山火山マイスターとの交流を進めるなど、外部との連携を深めている。

 地元の学校や修学旅行生向けの防災教育では、火山マイスターが講師を務める。課題は、大人に向けた啓発で、洞爺湖有珠火山マイスターネットワークの阿部秀彦代表(52)は「一番大切なのは、危険な場所から逃げてもらうこと」を挙げる。事前に洞爺湖や有珠火山地域の自然や特性、噴火の記憶など、知識を身に付ける重要性を強調する。

 有珠山噴火をはじめ、胆振東部地震でのブラックアウトなど、近年は自然災害が多発する。その中で西胆振行政事務組合は、住民の防災意識の強化に乗り出す。4月1日付で、伊達消防署警防課に防災指導係を新しく設ける。

 自治体や町内会、団体、事業所に向けて出前講座を開くなど、防災教育を進める。地元消防として、地域の自助や共助の意識の醸成と、防災への住民の関心を高めてもらうのが狙いだ。伊達市を皮切りに行う。

 講話だけではなく、避難所運営ゲームや災害図上訓練を取り入れ、どの避難所に、どのような経路で行くかが把握できる。取り組みの過程で、各自治体、消防が考える避難ルートのすり合わせ、職員や団員の配置、高齢者や障害者世帯の把握により、消防と自治体の連携を深めることも目指す。

 有珠山周辺の自治体は、次期噴火で被害を受けるリスクを抱える。消防からの積極的な情報発信で、住民の意識向上に努める考え。

 同組合管理者の菊谷秀吉伊達市長は同組合第1回定例会の消防行政執行方針で、同係の新設に触れ、「地域の自助・共助の強化と推進に努める」と、次期噴火に備え、地域の防災・減災力を高める人づくりの重要性を強調した。

関連記事

釧路新聞

コロナ禍の暗い雰囲気一掃、ツリー点灯【中標津】

  町総合文化会館前しるべっと広場のイルミネーションされた。いまだ収束しない新型コロナウイルスにより町内にまん延する暗い雰囲気を一掃する輝きとして、町民の目を楽しませている。  このツリーは20...

苫小牧民報

日ハムドラ1 伊藤投手が仮契約 「プロの実感湧いている」 プロ野球

プロ野球北海道日本ハムファイターズのドラフト1位指名、伊藤大海投手(23)=苫小牧駒沢大野球部=は1日、苫小牧市内で同球団との入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1500万円(いずれ...

苫小牧民報

発熱検査センター開設1カ月 積極的検査で抑え込み 1日平均17人

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、「苫小牧発熱検査センター」と「小児発熱検査センター」を開設してから2日で1カ月が過ぎた。発熱検査センターは1日当た...

苫小牧民報

日本管楽合奏コンテスト高校S部門で最優秀賞 鵡川高吹奏楽部「レベル高い演..

鵡川高校吹奏楽部が2020(第26回)日本管楽合奏コンテスト・高校S部門(3~15人編成)で最優秀賞に輝いた。3年生の鈴木楓香部長(17)は「すごくうれしい。1曲に全部を詰め込む勢いでやってきて、...

日高報知新聞

出汁の取り方と料理【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の「日高昆布のお出汁(だし)講座」が11月29日、20人が参加して町博物館多目的集会室で開かれ、コンブの最適な出汁の取り方を学んだ。  町博物館では、来年1月31日まで開催中の第6...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス