北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「きたふくろう」破産申請へ【弟子屈】

 

経営破綻したきたふくろう

 川湯の温泉ホテル「名湯の森ホテル きたふくろう」を経営する自然塾(川湯温泉1、小野克美社長)が3月31日までに事業を停止し、近く破産申請する。負債総額は約3億9000万円。新型コロナウイルス感染症拡大により宿泊客が減少したことなどが要因で、東京商工リサーチ釧路支店によると、同感染症の影響による宿泊施設の破綻は道内初。

 同社は1985年3月に設立。設立当初は観光事業などを手掛け、2003年2月に川湯国際ホテルを買収。同年4月に「名湯の森 きたふくろう」に名称を変更し営業していた。6階建て、客室は91室。国有林のフォレストビューを楽しみながら良質な温泉を味わえることが特徴で、13年12月期には4億200万円の売り上げを計上していた。しかし、以降は観光客の減少で徐々に業績は後退し、17年12月期には2億8028万円に落ち込んでいた。

 18年10月には買収により、経営者が交代したが、同年12月期の売り上げは2億3612万円に後退し、3486万円の当期損失となり、債務超過が拡大。20年に入ってからは、コロナ感染症の拡大の影響により、宿泊のキャンセルが相次いだ。3月9日から休業に入っており、正社員18人、アルバイト、パート20人を解雇している。休業は5月末までをめどとしていたが、従来からの資金繰り難航に加え、コロナの影響もあって、営業再開のめどは立たなかった。

同社は事後処理を三春裕嗣弁護士(三春弁護士事務所、札幌市)に一任している。帝国データバンク釧路支店によると、コロナの影響による倒産は道内で5社目。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス