北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

会員に贈る手づくりマスクの袋詰めや消毒液の小分け作業を行う開運会役員

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して会員宅に届けている。併せて、アルコール消毒液もスプレーボトル(50ミリリットル入り)に小分けし、年長者を優先して1人1本の同ボトルを贈っている。

 新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、手洗いや手指の消毒、マスク着用を含む咳エチケット―と言われている。しかし、マスク不足は、市内のドラッグストアや大型店量販店などでも入荷未定の状態が続いている。

 こうした状況の中、開運会役員で町内会ができることを話し合い、「洗って何度でも使えるマスクを作って提供しよう」と、手づくりマスクの製作を計画。同会の亀口裕子総務副部長が中心となり、仲間と3人で3月27日ごろから製作を開始した。

 開運会は、開運町1、2丁目の一部で構成され、会員は37世帯、70人。マスクはダブルガーゼとさらしを組み合わせて縫い合わせ、耳ひもを付けた布製。材料の調達に苦労しながらも大人用、子供用のサイズ別に1人1枚のマスクを1日までに完成させた。

 マスクの配布準備は、2日に開運町1丁目の澤井石油商事株式会社の本社3階会議室で行った。澤井会長と大沼大副会長、亀口総務副部長ら4人が各世帯の人数を間違えないように気を付けながら袋詰めし、アルコール消毒液の小分け作業では、12世帯21人分のスプレーボトルを作った。

 開運会では会員へのメッセージを同封し、同日から町内6班の班長を通して会員宅に届けている。澤井会長は「材料不足で個数は限られていますが、外出の際にお使いください。新型コロナウイルスの早い終息を願いつつ、会員皆さまの健康を祈っています」と話している。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス