北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万3000円、桧山は食と観光に関する人材育成に取り組む「『食と観光ひやまの魅力』向上・創出事業」など計7事業に1684万8000円を充てた。

 渡島の「JOMON―」は道南で唯一、知事が認定する重点推進事業に選ばれた。縄文文化の動画コンテンツの作成、専門誌ライターや旅行会社を対象としたモニターツアーの実施で魅力を発信。ガイド本を作り、タクシー運転手やバスガイドを含め活用できる人を育てるなどし、受け入れ態勢の強化を進める。今年度を事業期間とし、予算額は460万円。渡島総合振興局環境生活課は「地元住民の認知・理解を深めた上で、縄文の魅力や価値を外に向かって伝えていきたい」としている。

 このほか、インバウンド向けコンテンツの造成・充実を図る「訪日外国人向け環境整備・集客プロモーション事業」に466万4000円、道南スギなど地域材普及のPRを進める「みんなで広げる木づかいプロジェクト!」に217万2000円、不漁が続くスルメイカを補完する食材としてブリの新商品を開発する「ブリの活用連携促進事業」に142万7000円を盛り込んだ。

 桧山は、食と観光分野で桧山産品の底上げを図る「『食と観光ひやまの魅力』向上・創出事業」に540万2000円。今年度から5カ年で管内の知名度を高め、滞在型観光を促進し、交流人口の増加につなげる。また、奥尻産ウニの消費流通対策に着手する「ひやまの水産物販路拡大推進事業」に180万2000円、2020東京五輪・パラリンピックに向け機運を醸成するパネル展示を行う「オリパラ関連地域振興事業」(44万6000円)は「1年間延期になったが、時期を考慮しながら年度内に開催したい」(桧山振興局地域政策課)としている。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス