北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

先見えない 心折れた 飲食店 相次ぐ「コロナ廃業」【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、帯広市内でも「コロナ廃業」に追い込まれる小規模飲食店が相次いでいる。道の緊急事態宣言(2月28日~3月19日)以後、一気に広がった外出自粛対応によって激減する売り上げ、見えぬ終息への不安に、経営者からは「心が折れた」との声も聞かれる。「今後も閉店する店が増える」と指摘する関係者は多い。

ひっそりした店内で開店以来の常連客と話をする優子さん(右)。手作りお通しが売りだったが、今は出していない

生きがい失う

 「店は生きがい。自身の健康のため(新型)コロナ(ウイルス)がなければ、80歳過ぎても続けたと思う。見えない『敵』に太刀打ちできなかった」

 帯広市大通南11のさくら館ビル内で「スナック誘呼(ゆうこ)」を経営する上野優子さん(69)は、常連の女性客1人しかいない店内で、吹っ切ったように話した。4月末で36年営業した店を閉めると決断した。

 2児を抱えシングルマザーとなり、十勝支庁(現十勝総合振興局)でのパート勤めを辞めて開店して以来、気さくな人柄や手作りお通しなどが人気で、30人以上が入る店はピーク時には一晩で何回転もするほど繁盛した。近年は客足が減少し1人で切り盛りするが、例年3、4月は歓送迎会の団体予約でびっしりだった。

 だが、今年は違った。道の宣言後、客足はぴたっと止まった。3月12日まで約2週間休業し営業を再開したが、状況は変わらなかった。「公務員のお客さんが多く、外出しにくい状況だったのでは」と理解を示す。閉店に迷いはなく、「お金ではない。先が見えず、心が折れた」と話した。

赤字増えるだけ

 市内の韓国・東南アジア料理店「ターミナルレストラン」は3月29日で閉店した。福祉業界から転身した大西秀俊代表(51)が、今年1月に開店したばかり。固定客もいない中、道の宣言後、客数ゼロの日が続く中、苦渋の決断だった。「融資を受けて店を続けるか悩んだが、先が見通せず、リスクが高すぎる。たとえコロナが収まっても、今後の景気を考えると継続は難しい」と肩を落とす。

 市内電信通沿いにあったほうとう専門店「図無志亭」も3月22日、約7年間の営業に幕を下ろした。戸谷昌実店主(48)は、昨秋の消費増税で外食客が減少していたところに新型コロナの流行で、売り上げがピーク時の3~4割減少。「ずるずるやっても赤字が増えるばかり。個人での営業なので一日の売り上げにも限度があり、早めに決断した」と打ち明けた。

 市内有数の飲食店ビル「5番館ビル」振興会の一宮綾子会長によると、3月以降、全体の来店客が前年比半分以下のイメージで3割以下に落ちた店もあるという。「休業補償もはっきりせず、今は不安しかない。ビル内で閉店したという話は聞いていない。行政機関に一刻も早い終息と、感染防止対策を望んでいる」と話している。

関連記事

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...