北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

先見えない 心折れた 飲食店 相次ぐ「コロナ廃業」【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、帯広市内でも「コロナ廃業」に追い込まれる小規模飲食店が相次いでいる。道の緊急事態宣言(2月28日~3月19日)以後、一気に広がった外出自粛対応によって激減する売り上げ、見えぬ終息への不安に、経営者からは「心が折れた」との声も聞かれる。「今後も閉店する店が増える」と指摘する関係者は多い。

ひっそりした店内で開店以来の常連客と話をする優子さん(右)。手作りお通しが売りだったが、今は出していない

生きがい失う

 「店は生きがい。自身の健康のため(新型)コロナ(ウイルス)がなければ、80歳過ぎても続けたと思う。見えない『敵』に太刀打ちできなかった」

 帯広市大通南11のさくら館ビル内で「スナック誘呼(ゆうこ)」を経営する上野優子さん(69)は、常連の女性客1人しかいない店内で、吹っ切ったように話した。4月末で36年営業した店を閉めると決断した。

 2児を抱えシングルマザーとなり、十勝支庁(現十勝総合振興局)でのパート勤めを辞めて開店して以来、気さくな人柄や手作りお通しなどが人気で、30人以上が入る店はピーク時には一晩で何回転もするほど繁盛した。近年は客足が減少し1人で切り盛りするが、例年3、4月は歓送迎会の団体予約でびっしりだった。

 だが、今年は違った。道の宣言後、客足はぴたっと止まった。3月12日まで約2週間休業し営業を再開したが、状況は変わらなかった。「公務員のお客さんが多く、外出しにくい状況だったのでは」と理解を示す。閉店に迷いはなく、「お金ではない。先が見えず、心が折れた」と話した。

赤字増えるだけ

 市内の韓国・東南アジア料理店「ターミナルレストラン」は3月29日で閉店した。福祉業界から転身した大西秀俊代表(51)が、今年1月に開店したばかり。固定客もいない中、道の宣言後、客数ゼロの日が続く中、苦渋の決断だった。「融資を受けて店を続けるか悩んだが、先が見通せず、リスクが高すぎる。たとえコロナが収まっても、今後の景気を考えると継続は難しい」と肩を落とす。

 市内電信通沿いにあったほうとう専門店「図無志亭」も3月22日、約7年間の営業に幕を下ろした。戸谷昌実店主(48)は、昨秋の消費増税で外食客が減少していたところに新型コロナの流行で、売り上げがピーク時の3~4割減少。「ずるずるやっても赤字が増えるばかり。個人での営業なので一日の売り上げにも限度があり、早めに決断した」と打ち明けた。

 市内有数の飲食店ビル「5番館ビル」振興会の一宮綾子会長によると、3月以降、全体の来店客が前年比半分以下のイメージで3割以下に落ちた店もあるという。「休業補償もはっきりせず、今は不安しかない。ビル内で閉店したという話は聞いていない。行政機関に一刻も早い終息と、感染防止対策を望んでいる」と話している。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス