北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

床面積は2倍に新千歳国際線ビル 拡張工事が完了

拡張工事が完了した新千歳空港国際線ターミナルビル

 新千歳空港国際線ターミナルビルの拡張工事が先月で、完了した。航空会社のカウンターや保安検査場、搭乗待合室などが拡張され、国際線ビル全体の延べ床面積は約2倍の12万4000平方メートルに。ビル内にはインバウンド(訪日外国人旅行者)需要を見据えた、富裕層向けの道内最高級クラスのホテルも誕生した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて利用客が激減している中でのリニューアルで、関係者は一日も早い感染拡大の終息と、客足の回復を願っている。

 空港ビルを運営する新千歳空港ターミナルビルディング(千歳市)は2017年11月、国際線ビル再編工事に着手した。国際線利用者数が300万人を超えた同年、保安検査場や搭乗手続きカウンターなどの混雑が加速。増加傾向にある旅客需要に対応するため、工事を決定した。

 総工費は約650億円。鉄骨造り8階建て、延べ床面積約6万平方メートルの建物を既存ビルの南側に増築した。

 各航空会社のチェックインカウンターは47から74ブースに増やしたほか、旅客搭乗橋は8基から17基とし、荷さばき搬送設備の増設やセキュリティー設備の強化も行った。駐機場も3カ所増設して9カ所に整備した。

 2月には拡張した建物の4~8階部分に、空港直結の新たな高級ホテル「ポルトムインターナショナル北海道」も開業した。延べ床面積は約2万平方メートル。4階はロビーや飲食店、ゲストサロンなど、5~8階は客室スペースで、最高級スイートルームをはじめとする全171室を構える。インバウンドの観光需要を取り込みたい考えだ。

 航空会社が事務室などとして使うバックヤード部分の工事が3月19日に終わり、完工となったが新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、竣工(しゅんこう)式は行わなかった。海外航空会社の減便、運休が続く中でのリニューアルに、同社の広報担当は「一刻も早く、新型コロナの感染拡大が終息してほしい」と祈るように語った。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...