北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

新型コロナウイルス感染拡大の影響で「伊逹武者まつり」が中止【伊逹】

 伊達市最大のイベント「伊達武者まつり」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年の開催を中止することが10日夜決まった。8月1、2の両日に開催予定だったが、市内外から多くの観光客らが集まり密集、密接は避けられず感染リスクが高いことを考え判断した。

 同日、市役所第2庁舎で開いた同実行委(鈴木敏則委員長)による検討会議で決定。鈴木委員長は取材に「世界的に新型コロナウイルスの影響がある中で中止はやむを得ない」と話した。

 同まつりは開拓の歴史と伝統を受け継ぐ市民参加のまつりで、1973年(昭和48年)から始まった。伊達150年だった昨年は前夜祭含め延べ4万人が訪れた。

 中止は75年の甲冑(かっちゅう)制作、77年の有珠山噴火災害に続いて3回目。

関連記事

名寄新聞

神秘的な絶景を楽しむ・森の生活「ムーンウオーク」【下川】

 満月に照らされた積雪の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も積雪シーズンの満月の日に五味温泉に隣接するエコハウス「美桑」前に集合、体験の森で開かれる。 ...

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス