北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「コタンのマリア・バチラー八重子」展、数奇な人生の一端見て【室蘭】

掛川源一郎の写真とバチラー八重子の短歌を展示している企画展

 室蘭港の文学館の2020年度(令和2年度)前期企画展・写真家掛川源一郎が見つめた「コタンのマリア・バチラー八重子」展が12日から、同館で始まった。同館は「故郷有珠に暮らした晩年の八重子の様子と、八重子が詠んだ短歌を重ね合わせて楽しんで」と話している。

 室蘭民報社など後援。民族共生象徴空間ウポポイが今年、白老町に開設されることに合わせてアイヌをテーマに設定した。

 有珠コタンのアイヌ豪族に生まれながら生家が没落、英国人宣教師の養女となり、数奇な人生を送った八重子(1884~1962年)の歌と、その晩年を追った掛川(1913~2007年)の作品を並べ、八重子の想いに迫った。

 掛川が1954~62年に撮影した12作品と八重子の短歌を「有珠コタン」「日曜学校・クリスマス」など四つのカテゴリーに分けて紹介している。

 「海もよし 山もうつくし 人もよし ほんに住みよき 有珠コタンかな」(八重子著「若き同族に」より)の歌の横には、有珠の自然を眺める八重子のモノクロ写真が配置されるなど、2人の作品が自然とシンクロする。

 8月29日まで。会場には合わせてアイヌ関連の書籍が数十点展示されている。

関連記事

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

“藤の花”揺れた氷まつり 最終日にぎわう【帯広】

 「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は31日、最終日を迎えた。天候にも恵まれ、メイン会場の「夢の北広場」(JR帯広駅北側)には、午前中から多くの家族連れが訪れ、氷雪像前...

十勝毎日新聞

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 氷まつり【帯広】

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

名寄新聞

月明かりに照らされ・ムーンウオーク開幕【下川】

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も28日から始まり、五味温泉隣接のエコハウス「美桑」前集合、体験の森で開かれている。  各...