北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「コタンのマリア・バチラー八重子」展、数奇な人生の一端見て【室蘭】

掛川源一郎の写真とバチラー八重子の短歌を展示している企画展

 室蘭港の文学館の2020年度(令和2年度)前期企画展・写真家掛川源一郎が見つめた「コタンのマリア・バチラー八重子」展が12日から、同館で始まった。同館は「故郷有珠に暮らした晩年の八重子の様子と、八重子が詠んだ短歌を重ね合わせて楽しんで」と話している。

 室蘭民報社など後援。民族共生象徴空間ウポポイが今年、白老町に開設されることに合わせてアイヌをテーマに設定した。

 有珠コタンのアイヌ豪族に生まれながら生家が没落、英国人宣教師の養女となり、数奇な人生を送った八重子(1884~1962年)の歌と、その晩年を追った掛川(1913~2007年)の作品を並べ、八重子の想いに迫った。

 掛川が1954~62年に撮影した12作品と八重子の短歌を「有珠コタン」「日曜学校・クリスマス」など四つのカテゴリーに分けて紹介している。

 「海もよし 山もうつくし 人もよし ほんに住みよき 有珠コタンかな」(八重子著「若き同族に」より)の歌の横には、有珠の自然を眺める八重子のモノクロ写真が配置されるなど、2人の作品が自然とシンクロする。

 8月29日まで。会場には合わせてアイヌ関連の書籍が数十点展示されている。

関連記事

室蘭民報

ロングラン花火大会開幕 復活の大輪【洞爺湖】

 第39回洞爺湖ロングラン花火大会(洞爺湖温泉観光協会主催)が1日夜、同温泉湖畔で開幕した。20分間、約450発の光のショーが新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越え、まるで温泉街の復活を象徴す...

室蘭民報

ドライブインシアター構想浮上 時代村での開催を計画【登別】

「3密なし」市民有志が構想  新型コロナウイルスの感染リスクなどに気兼ねせず、車に乗ったまま映画が楽しめるドライブインシアター構想が、登別市内で浮上している。市内で例年行われている大規模なイベン...

室蘭民報

産業まつりオンライン開催 画面越しにぎわう【洞爺湖】

ライブや抽選会…  新型コロナウイルス感染症の影響で、オンライン開催を初めて試みた洞爺産業まつりが28日、開催された。動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」でライブなどを配信。無料通信...

室蘭民報

市民コーナー活用を 歴史文化ミュージアム【伊達】

コレクション第4弾「コカ・コーラ」展  だて歴史文化ミュージアム(伊達市梅本町)は、1階にある「市民コレクションコーナー」の活用を市民に呼び掛けている。「皆さんと面白い展示ができれば」とPRして...

室蘭民報

産業まつり、オンライン開催へ 来月28日予定【洞爺湖】

アプリで野菜まき、即売会…  新型コロナウイルス感染拡大の影響で各種イベントが中止となる中、洞爺湖町の夏の一大イベント「洞爺産業まつり」をオンラインで開催する準備が進められている。関係者が知恵...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス