北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「サウナ協議会」 あす発足、魅力発信へ【十勝】

 サウナ文化の発展やサウナによる観光推進などを目的に、宿泊施設などでつくる「十勝サウナ協議会」が16日に発足する。同日、帯広市内で設立総会を開き、会長には十勝ガーデンズホテルの後藤陽介社長が就任する予定。

 昨年、全国組織の日本サウナ学会が設立され、北斗病院(帯広)の加藤容崇医師が代表理事に就いた。十勝の関係者が複数参加していることから、十勝からもサウナ文化を普及する機運が高まっていた。

 管内の施設が連携し、サウナという新しい観光コンテンツで交流人口を増やしていくため、協議会の設立が決まった。

 具体的な取り組みでは協議会のホームページを立ち上げてサウナの魅力などを発信したり、ホテルのサウナを巡るパスポートの発行などを計画している。

 会員は管内の5宿泊施設と病院、観光系の団体などで構成する。熱したサウナストーンに水を掛けて水蒸気を発生させる「ロウリュ」が可能なことなど、10項目を満たした施設が対象となる。病院も入ることで、医学的な知見からサウナを広めるヘルスツーリズムにもつなげていきたい考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

アート展で再出発 アイヌ発信 ハポネタイ【東京・清水】

 清水町旭山の森が拠点のアイヌ文化発信プロジェクト「ハポネタイ」は28日から都内でアート展を開き、7年ぶりに活動を再開した。今後はアイヌの伝統的住居「チセ」作りの体験を提供する予定で、プロジェクト...

十勝毎日新聞

落花生 機械で収穫 量産化へ前進 十勝グランナッツ【芽室】

 十勝で落花生の産地化を目指す産学官金連携プロジェクトで、原料生産を担う「十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)」(藤井信二代表、10戸)は28日、芽室町上伏古の畑で、今年導入した機...

十勝毎日新聞

「美しい村、活動に磨きを」 中札内村長ら知事に抱負【札幌】

 NPO法人「日本で最も美しい村」連合に所属する中札内村などの道内自治体の首長らが28日、道庁で鈴木直道知事と懇談し、同連合の活動を報告した。  同NPOは10月4日に設立15周年を迎える。...

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...