北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

とまこまい港まつり史上初の中止 「人命守るため苦渋の決断」

昨年も中心市街地を舞台に盛大に行われた市民おどり=2019年8月、苫小牧駅前本通

 苫小牧市で最大規模のイベント「とまこまい港まつり」の実行委員会は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月31日~8月2日に開催予定だった第65回のまつりを中止することを決めた。観光親善大使「ハスカップレディ」の募集など関連事業の実施も見合わせる。まつり中止は、前身の「観光まつり」が始まった1950年以来初となる。

 27日午前、市役所で臨時会合を開いて決定。感染拡大防止へ、万全な態勢を整えるのが難しいと判断した。

 関係者約30人が集まった会合で、実行委員長の岩倉博文市長は「新型コロナが猛威を振るい、予断を許さない。終息時期が見えていない中、中止は尊い人命を守るための苦渋の決断」と理解を求めた。

 まつりは慣例で、8月第1週の金曜から日曜に開催。市内若草町の中央公園をメイン会場にステージイベントや中心街での市民おどりパレード、マーチングフェス、ポートカーニバルなど多彩な行事を繰り広げる。地域の夏の一大イベントで、昨年も約35万8000人が来場した。

 中止に伴い、まつりテーマやプログラム表紙デザインなどの募集も見合わせる。  昨年12月時点で、8月6~9日に札幌市で開催予定だった東京五輪マラソン・競歩を見据え、日程を7月末に前倒す計画だったが、「第65回」は欠番になるという。

 まつり中止の決定に、関係者からはさまざまな声が上がっている。

 苫小牧商工会議所の森本恭行専務は「他のさまざまな行事も中止となる中、実行委の判断は妥当だと思うが地域経済に大きな影響を与えるだろう」と懸念を示した。「港まつりは苫小牧では最もにぎわうイベントで例年グッズなども販売。売り上げも結構あったので残念」と語るのは、苫小牧観光協会の藤岡照宏専務。「観光案内所でも来場をアピールしてきたが、こういう状況ではやむを得ない」と声を落とした。

 市商店街振興組合連合会の秋山集一理事長は「影響は少なくないが今は市民が一体となって、終息に向けた努力をすることが大事」と話していた。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...