北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市、5年ぶり「053(ゼロごみ)大作戦」 イベント自粛も動画で情報発信

オリジナルの歌とダンスを披露した053ファイブ

 苫小牧市は2020年度、ごみ減量やリサイクル推進に全市で1年かけて取り組む「053(ゼロごみ)大作戦」を5年ぶりに実施する。動画投稿サイト「ユーチューブ」に27日、市のPRキャラクター「環境戦隊053ファイブ」の専用チャンネルを開設した。新型コロナウイルスの影響で集会やイベントができない代わりに、インターネットを活用して若い世代にも呼び掛け、運動の盛り上げを目指す。

 20年度は一般会計予算に1700万円を計上し、計37事業を計画している。このうち27の新規事業には情報通信技術(ICT)を活用した啓発事業が含まれ、053ファイブのユーチューブチャンネルもその一つ。市職員が制作したオリジナルの歌とダンス動画を投稿し、「外出できない子どもたちにも踊ってもらい、ストレスの発散になれば」と期待を込める。

 また、ごみ分別アプリの導入にも乗り出す。同アプリの通知機能でごみ収集日を知らせるなど、スマートフォンを使う若い世代に向けて積極的な情報発信を試みる。

 市は、18日に総合体育館で大作戦のオープニングイベントを予定していたが、感染症対策のため延期した。大作戦について岩倉博文市長は21日の定例記者会見で、「どんな状況下であれ、できる範囲でしっかりチャレンジしたい」と強調した。

 053大作戦は苫小牧の郵便番号「053」に絡め、ごみ減量やリサイクル率向上、環境美化を目標にした全市的な取り組みで、これまで07、09、12、15年度の4回実施。リサイクル率は07年度の15%程度から18年度には31・4%に倍増し、道内主要都市の中で14年度から連続トップを保っている。ごみ減量も進み、19年度には2カ所あった焼却施設のうち糸井清掃センターの廃止に踏み切った。

 一部地域で試行中の家庭ごみの「戸別収集」について、全市展開の是非を改めて検証し、今年度中に収集体制の考え方を示す。

 他にも、学校給食の食べ残しを小学生と共に堆肥化し、学校の畑と花壇への再利用を目指す体験学習型事業や、「海ごみDAY」のイベントが計画されているが、感染状況によって実施の可否を判断する。市環境衛生部の担当者は「イベントができない場合はSNS(インターネット交流サイト)を活用していきたい」と話している。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...