北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

帰省者消え人影まばら 空も海もラッシュなく

例年のにぎわいは消え、降り立つ人がまばらな新千歳空港国内線ビル=29日午前9時ごろ

 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛が呼び掛けられる異例の大型連休が29日、始まった。緊急事態宣言が全国に出されていることもあり、例年なら多くの観光客や帰省者らでにぎわう新千歳空港や苫小牧港のフェリーターミナルも人影はまばら。出迎える家族の笑顔もなく、足早に移動する人たちの姿が目立った。

 大型連休期間(29日~5月6日)、新千歳と羽田、関西、伊丹、福岡、神戸などの空港を結ぶ主要幹線の予約率(22日現在)は、新千歳着の下りで日本航空(JAL)が33・1%、全日本空輸(ANA)は9%。通常なら多くの路線が90%前後の予約率となるだけに落ち込みが際立っている。

 この時期の国内線到着ロビーは例年、レジャー目的の家族連れや学生の姿が目立つが今年は作業着、スーツ姿のビジネス客がほとんど。家族の入院見舞いなど急用で道内入りする人もいたが、観光客の姿は少ない。苫小牧市での仕事で訪れた仙台市の会社員男性(59)は「機内は乗客が10人ほどでがらがら。こんなに人の少ない空港ビル内を見るのも初めて」と驚き「皆、外出を控えているということ。自分も感染しないよう注意したい」と語った。

 苫小牧西港フェリーターミナルも帰省者を出迎える家族らの姿はほとんどなく、閑散としていた。フェリー各社によると、大型連休期間中の予約は前年の5割から8割減。仕事で訪れた人たちは足早にトラックや乗用車に乗り込み、目的地に向かった。

 太平洋フェリー「きたかみ」(1万3694トン)は午前11時ごろ、乗客132人と乗用車68台を乗せて仙台港から到着。旅客定員(535人)、乗用車の収容台数(146台)とも半分にも満たなかった。

 山形市の男性は来月札幌市内にオープンする福祉施設に勤務するため、きたかみで来道。「船内に観光客の姿は少なかった。札幌も新型コロナの感染者が増えているので気を付けたい」と話した。

ビジネス客が目立つ苫小牧港・西港フェリーターミナル=29日午前10時55分ごろ

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...