北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

静内古川沿いのサクラ咲き春の訪れ告げる【新ひだか】

ひと足早く開花した静内古川沿いのサクラ=28日午前=

【新ひだか】春らしい陽気が続き、静内地区古川沿いのサクラが開花した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止により、町内では5月に二十間道路桜並木で開催されるしずない桜まつりの中止が決まっている。

 町では、二十間道路桜並木の交通渋滞による通行止めを検討し、「連休中の桜並木への来場を避けてほしい」と呼び掛けている。

 今年のサクラ前線は平年よりも早いペースで進んでいる。

 古川沿いの約1キロ区間には、エゾヤマザクラやシダレザクラ、ヤエザクラなど約100本が植樹されている。サクラは1996年(平成8年)の5月10日に「第8回さくらサミットin静内」で記念植樹した群馬県鬼石町(現藤岡市)から寄贈されたものなど。

 28日午前までに10輪ほどの淡いピンク色の花を咲かせており、ひと足早く春の訪れを知らせている。

関連記事

釧路新聞

コロナ禍の暗い雰囲気一掃、ツリー点灯【中標津】

  町総合文化会館前しるべっと広場のイルミネーションされた。いまだ収束しない新型コロナウイルスにより町内にまん延する暗い雰囲気を一掃する輝きとして、町民の目を楽しませている。  このツリーは20...

苫小牧民報

日ハムドラ1 伊藤投手が仮契約 「プロの実感湧いている」 プロ野球

プロ野球北海道日本ハムファイターズのドラフト1位指名、伊藤大海投手(23)=苫小牧駒沢大野球部=は1日、苫小牧市内で同球団との入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1500万円(いずれ...

苫小牧民報

発熱検査センター開設1カ月 積極的検査で抑え込み 1日平均17人

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、「苫小牧発熱検査センター」と「小児発熱検査センター」を開設してから2日で1カ月が過ぎた。発熱検査センターは1日当た...

苫小牧民報

日本管楽合奏コンテスト高校S部門で最優秀賞 鵡川高吹奏楽部「レベル高い演..

鵡川高校吹奏楽部が2020(第26回)日本管楽合奏コンテスト・高校S部門(3~15人編成)で最優秀賞に輝いた。3年生の鈴木楓香部長(17)は「すごくうれしい。1曲に全部を詰め込む勢いでやってきて、...

日高報知新聞

出汁の取り方と料理【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の「日高昆布のお出汁(だし)講座」が11月29日、20人が参加して町博物館多目的集会室で開かれ、コンブの最適な出汁の取り方を学んだ。  町博物館では、来年1月31日まで開催中の第6...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス