北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

不要な布マスク 必要な施設に 管内高校生が「橋渡し」ボランティア【十勝】

 新型コロナウイルス対策として政府による全世帯への布マスク配布が始まる中、「不要」という声が多い状況を受け、十勝管内の高校生がボランティア団体「CAN-PASS(キャンパス)」(明日見和佳代表)を立ち上げ、「マスク橋渡しプロジェクト」の活動を始めた。管内の店舗などに回収ボックスを設置、未使用の布マスクなどを集め、マスクが不足している介護施設などに届ける。

マスク橋渡しプロジェクトをスタートさせた「CAN-PASS」のメンバー。1日にはカラサワ靴店に回収ボックスを設置した。右から柄澤店長、明日見代表、千葉さん、松本さん、的場さん

 活動のきっかけは、4月20日付本紙「まちの声」欄に投稿された「不要なマスクの橋渡しの仕組みを」という市民からの意見や、「マスクが足りず入居者が着用できずにいる」という介護現場の声を聞いたこと。政府から各世帯に2枚ずつ配られるマスクについて「不要」との回答が7割を超えたという民間の調査結果もあり、明日見さん(帯広柏葉高2年)が「休校期間で何かできないか」と仲間を募り、管内の高校生14人で活動を始めた。

 回収ボックスやポスターを自作し、店舗や施設などに依頼。4月30日に協力店舗第1号として帯広市内の美容室「Blanc.(ブラン)」(西21南5)、第2号としてアパレルショップ「WillyWilly(ウイリーウイリー)」(西21南3)に置いた。

 1日には市内の靴店「カラサワ靴店本店」(西1南9)と「NEWS CLIP」(西2南9)にもボックスを設置。このうち本店には明日見さんと千葉日陽さん(芽室高2年)、松本実織さん(帯広柏葉高1年)、的場小乃実さん(自由の森学園高1年)が訪れ、柄澤宏至店長にボックスを手渡した。

 柄澤店長は「身内に介護施設に勤務している人もいる。自分の子どもと同世代の高校生が一生懸命頑張っている姿に共感し、協力したいと思った」と4人にエールを送った。

 回収ボックスに投函できるのは未使用のマスクに限る。配布される布マスク以外にも、市販の布マスクなども回収する。明日見さんは「配布されるマスクについて、不要な人から必要としている人への橋渡し役になれたら。多くの市民や店舗、企業の皆さんにも協力していただけたら」と呼び掛けている。

 今後、マスクの回収や寄贈だけでなく、ボランティア団体として各種活動に取り組む考え。SNSを利用した情報発信や協力の依頼、団体のメンバー募集も行っている。アカウントは「@can_pass05」(ツイッターインスタグラム)。

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...