北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「港まつり」中止へ 15日正式決定、室民花火も【室蘭】

むろらん港まつり協賛の室民納涼花火大会も中止に=昨年

 第74回むろらん港まつり(同実行委員会主催、7月10~12日)開催の可否について、方向性を定める会議が8日、室蘭市海岸町の室蘭観光協会で開かれた。市や室蘭商工会議所など、関係機関から10人が参加して「中止の方向で実行委に図る」ことで一致した。15日に開催予定の実行委で正式に中止が決まる。同まつり協賛の室蘭民報社納涼花火大会も中止する。

 同まつりは1947年(昭和22年)に、戦後の荒廃から室蘭を再建しようと初めて開催。52年から室蘭民報社主催で初の花火大会を実施するなど、年々規模を拡大。現在は室蘭最大のイベントになっている。

 昨年も室蘭港の特設会場に大露店街が設けられ、2200発の打ち上げ花火、中央町一帯を巡る総参加市民踊り、趣向を凝らしたみこしや山車で盛り上がる室蘭ねりこみ、よさこいソーランin室蘭が行われた。

 会議では、コロナ禍で疲弊する企業から協賛金を募ることや、密閉・密集・密接の3密を防ぐことが困難なことから、「中止はやむを得ない」という意見が多数だった。過去に悪天候による花火大会や市民踊りの中止はあったものの、まつり自体の事前中止は今回が初めてとなる。

 中止の方向になったことについて、昨年、約20年ぶりに室蘭ねりこみに参加した登別室蘭青年会議所の石井裕子理事長は「今年はOBにも声を掛けて、祭りを盛り上げたいと思っていた。地域の方と触れ合う機会が減ってしまうのは残念」。よさこいソーランの室蘭百花繚蘭の松本秀隆代表は「結成以来、23年間ずっと参加してきたので寂しい気持ちはあるが、今の状況を考えたら仕方がない」。ねりこみやよさこいソーランが巡って地域全体が盛り上がる浜町商店街振興組合の菊地洋平理事長は「中止にするという方向性は理解できる。まつりが無くなるわけではないので、来年の開催に期待したい」と、それぞれ話していた。

 室民納涼花火大会が中止になったことについて、主催者の室蘭民報社は「感染者が減少傾向にあるとはいえ、密集状態は避けなければならない。終息を待って、皆さんが安心、安全、健康な状態で、誰もが喜んで鑑賞できる花火大会を来年開催できるように準備したい」としている。

関連記事

名寄新聞

神秘的な絶景を楽しむ・森の生活「ムーンウオーク」【下川】

 満月に照らされた積雪の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も積雪シーズンの満月の日に五味温泉に隣接するエコハウス「美桑」前に集合、体験の森で開かれる。 ...

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス