北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

人気絵本「おばけのマール」にウポポイ登場 出版元が町に110冊寄贈-白老

中西出版から白老町に寄贈された絵本「おばけのマールとすてきなことば」

 白老町のポロト湖畔で開業予定のアイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)を取り上げた絵本「おばけのマールとすてきなことば」が発刊され、出版元の中西出版(札幌市)から同町に110冊寄贈された。マールがウポポイを訪れ、ポロトの森の動物たちと遊ぶストーリー。町は寄贈された絵本を学校などに配布したほか、今年生まれる子どもたちにプレゼントする。

 「おばけのマール」は、絵をイラストレーター中井令さん、文を絵本作家けーたろうさんが手掛ける人気絵本シリーズ。10作目となる最新刊は、札幌の円山に住むマールが白老のウポポイを訪ね、シマフクロウ(コタン)やキタキツネ(ヌプリ)、北海道犬(ポロ)、オコジョ(ウパシ)などポロトの動物たちと出合い、遊ぶ物語。絵にはウポポイの国立アイヌ民族博物館や、マールと動物たちがアイヌ民族伝統の輪踊りを楽しむ様子も登場する。

 文章は「レクテ レクテ いっしょにあそぼう」「クイペルスイ クイペルスイ おなかすいたね」「イヤイライケレ ありがとう」などとアイヌ語と日本語で表記。製作に当たり国立アイヌ民族博物館や、ウポポイを運営する公益財団法人アイヌ民族文化財団が協力した。

 新型コロナウイルスの影響でウポポイ開業が延期されているが、中西出版は白老の子どもたちにウポポイ登場の絵本を楽しんでほしい―と、白老町に日本語版(日本語、アイヌ語)90冊と、多言語版(日本語、アイヌ語、英語、ハングル、繁体字、簡体字)20冊の計110冊をこのほど寄贈。善意を受けて町は、町内の保育所や認定こども園、小中高校、子育てふれあいセンター、町立図書館、子ども発達支援センターなど各施設に配置した。また、ウポポイ誕生年の2020年に生まれた赤ちゃんにも、保健師の新生児家庭訪問などを通じて贈ることにしている。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス