北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中心部66年 鮮魚店に幕 牧野水産23日で【帯広】

牧野水産が66年間にわたり営業してきた銀座センター内の鮮魚店。左が久保専務

 牧野水産(帯広市、牧野敬子社長)は、66年続けてきた帯広市西2南8、銀座センター内での鮮魚店の営業を23日で終える。中心部空洞化に伴う一般販売の減少などが理由。卸売りなど従来担ってきた機能は自社工場内に移す。

 同社は1954年から同センター内で鮮魚店を経営している。94年には西10南8の食品工場を改築し、加工や総務の機能などを移した。

 ただ、登記上の本社は銀座センター内に置いたままとし、2002年には店舗の大幅リニューアルを行い、対面販売も残しながら小売りと卸売りの拠点として営業を続けてきた。

 センター内の店舗閉店を決めたのは今年に入ってからという。同社の売り上げの9割は市内飲食店などへの卸だが、10年ほど前から小売り部門の売り上げ減が進み、現在はピーク時の半分ほどになった。

 入社以来、店舗で勤務する久保博樹専務は「昭和50年代までは活気があった。センター内もピーク時で8店がひしめき、人が通れないほど。座る暇もないほどの忙しさだった」と振り返り、「小売店の顧客は年々高齢化し、周辺にも人が少なくなってきた。創業の地を離れるのは断腸の思いだが、拠点の統合が必要と判断した」と話す。

 25日から移転先での業務を始める。当面は店頭に商品を並べる形ではなく、地方発送や贈答などの注文販売のみ対応する。久保専務は「新型コロナが落ち着いたら、食品工場内に直売機能を新設することも検討している」としている。

 同センター内では、青果店の「工藤商店」(藤森秀孝社長)も同時に閉店し、西7南9にあるグループ企業のアサヒ青果食品(同)に移転する。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス