北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中心部66年 鮮魚店に幕 牧野水産23日で【帯広】

牧野水産が66年間にわたり営業してきた銀座センター内の鮮魚店。左が久保専務

 牧野水産(帯広市、牧野敬子社長)は、66年続けてきた帯広市西2南8、銀座センター内での鮮魚店の営業を23日で終える。中心部空洞化に伴う一般販売の減少などが理由。卸売りなど従来担ってきた機能は自社工場内に移す。

 同社は1954年から同センター内で鮮魚店を経営している。94年には西10南8の食品工場を改築し、加工や総務の機能などを移した。

 ただ、登記上の本社は銀座センター内に置いたままとし、2002年には店舗の大幅リニューアルを行い、対面販売も残しながら小売りと卸売りの拠点として営業を続けてきた。

 センター内の店舗閉店を決めたのは今年に入ってからという。同社の売り上げの9割は市内飲食店などへの卸だが、10年ほど前から小売り部門の売り上げ減が進み、現在はピーク時の半分ほどになった。

 入社以来、店舗で勤務する久保博樹専務は「昭和50年代までは活気があった。センター内もピーク時で8店がひしめき、人が通れないほど。座る暇もないほどの忙しさだった」と振り返り、「小売店の顧客は年々高齢化し、周辺にも人が少なくなってきた。創業の地を離れるのは断腸の思いだが、拠点の統合が必要と判断した」と話す。

 25日から移転先での業務を始める。当面は店頭に商品を並べる形ではなく、地方発送や贈答などの注文販売のみ対応する。久保専務は「新型コロナが落ち着いたら、食品工場内に直売機能を新設することも検討している」としている。

 同センター内では、青果店の「工藤商店」(藤森秀孝社長)も同時に閉店し、西7南9にあるグループ企業のアサヒ青果食品(同)に移転する。

関連記事

日高報知新聞

日ごろの騎乗技術披露【浦河】

 浦河町西舎のJRA日高育成牧場の屋外角馬場で2日、夏季町民乗馬大会が開かれた。少年団から一般までの出場者は、障害飛越やジムカーナなど7競技で日ごろ積み重ねてきた騎乗技術の成果を競った。  大会...

日高報知新聞

「美味しいひだかのさかな」

 日高振興局は、新型コロナウイルス感染症の影響で価格が低迷し販売も不振な日高産魚介類の支援の取り組みとして、振興局職員による共同購入や動画配信で〝美味しいひだかのさかな”を全道にアピールしている。 ...

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...