北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

むかわ竜を核に商機を 地域商社「むかわM Dino」

新しくできた「M Dino」のロゴマークを横に意気込みを語る遠藤代表

 むかわ町にこの春発足した地域商社「むかわM Dino(エムディノ)」=正式名、合同会社エムディノ=。穂別地区で発掘された全身恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)を生かしたビジネスや町の特産品を使った商品開発などを展開していく。現在新型コロナウイルス感染拡大の影響で対外的な取り組みは中断しているが、収束後の開始に向けて体制を整えている。

 町は当初、2021年度の地域商社設立を目指していたが、むかわ竜が国内外で注目されていることを受け、「知名度が高いうちに町の復興、産業振興に生かしたら」との声が上がっていたことから企画を1年前倒し。元三井物産社員で昨年7月に町のまちづくりアドバイザーとなった遠藤研二氏を代表、渋谷昌彦副町長を顧問に置き、4月1日に発足した。

 取り組みとしては、町内での起業支援、既存事業者、団体との連携の強化を図りながら、むかわ竜のグッズやトマトやレタス、シシャモなど町の特産品を活用した加工品の開発、販売などを展開していく。

 しかし、6月20日から北海道博物館(札幌市厚別区)で予定していた「恐竜展2020」が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止に。現在は町の委託事業を行いながら、昨今の情勢を踏まえてインターネットを使った商品販売など多様な仕組みの構築にシフトする。今後の状況を見ながらになるものの、ネット販売の態勢づくり、起業意欲のある町民を集めた会議などを6月中にも検討している。

 ビジネスを展開していく上で今後、町内外の民間企業からの出資も募り、軌道に乗った段階で21年度以降、株式会社に移行していく考え。遠藤代表は「今は準備期間の位置付けだが、逆に今までと違うことができるかどうか。その可能性を見いだし、魅力ある会社にしていきたい」と意気込む。

むかわM Dino(エムディノ) 和名「むかわ産業自然振興機構」

「M」ukawa(むかわ) 「D」evelopment(振興) 「I」ndustry and(産業) 「N」ature(自然) 「O」rganization(機構)

 「Dino」はフランス語で恐竜を意味する「Dinosaur(ディノソー)」にかけ、英訳した四つの頭文字を使用して名付けた。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス