北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

モモンガ ステイホーム 物置屋根裏で巣作り【音更】

軒下にじっと身を潜めるエゾモモンガ。上空や地上から姿が見えないため、天敵から身を守ることができる

「ここがボクの隠れ家」-。帯広市の小坂哲也さん(80)が音更町内に所有する畑の物置に、エゾモモンガがすみついている。

 小坂さんによると、すみついたのは4年前。物置の天井からガサガサという物音が聞こえ、初めはコウモリだと思ったという。

 追い出そうと物置の中を殺虫剤でいぶしたところ、屋根裏から飛び出してきたのはコウモリではなく、1匹のモモンガだった。以来毎年、農作業の時期になるとモモンガが巣作りに来るようになった。

 4月1日には物置内で成獣1匹を確認。同25日には2匹の成獣を確認し、天井裏の棚にある農具を整理中、被覆資材の中から生後約1カ月の幼獣3匹も見つけた。発泡スチロールの箱の中にごみ袋を持ち込み、さらにその中にタオルを入れて寝床を作っていた。

モモンガの留守中に屋根裏の清掃をする小坂さん。寝床となった発泡スチロールの箱に、思わず苦笑い

 物置の周囲は雑木林や防風林があり、人けの無い閑静な場所。小坂さんは「ふん尿は臭いが悪さはしない。かわいいものがすみついてしまった。無理に追い出すこともしない」と苦笑いする。

 おびひろ動物園飼育展示係の藤澤美緒さんは「モモンガにとって巣作りに好条件の環境だったのでは。ただ、(すみついても)人間が野生動物に必要以上に手を掛けてはいけない。放っておくのが一番」と、自然界で暮らす動物たちと共存していく上での注意点を挙げた。

 愛らしい“天井裏の住人”の様子をカメラに収めた。

関連記事

日高報知新聞

日ごろの騎乗技術披露【浦河】

 浦河町西舎のJRA日高育成牧場の屋外角馬場で2日、夏季町民乗馬大会が開かれた。少年団から一般までの出場者は、障害飛越やジムカーナなど7競技で日ごろ積み重ねてきた騎乗技術の成果を競った。  大会...

日高報知新聞

「美味しいひだかのさかな」

 日高振興局は、新型コロナウイルス感染症の影響で価格が低迷し販売も不振な日高産魚介類の支援の取り組みとして、振興局職員による共同購入や動画配信で〝美味しいひだかのさかな”を全道にアピールしている。 ...

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...