北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

じゃがいも大福 10万個突破 道の駅ピア21しほろ【士幌】

 道の駅ピア21しほろの看板商品「じゃがいも大福」の売り上げが、累計で10万個に達した。駅内のテナントを運営する「at LOCAL」(堀田悠希社長)の開発商品で、ポテトチップスに次いで根強い人気を誇る。10万個の売り上げを記念し、同駅のオンラインショップでの取り扱いも始めた。

「じゃがいも大福」の10万個達成を喜ぶ(右から)堀田社長、高野さん

 じゃがいも大福は、2017年7月に販売を開始。町産のホッカイコガネを使い、一部を固形にしてあんに混ぜ込んでいる。道産のもち米を使用してきねでついているため、もちもちとした食感を味わえる。手頃な価格(1個150円)で購入できる土産品として人気で、4月末に販売数量が10万個を突破した。

 商品別の売り上げランキング(集計期間は2017年4月12日~20年5月12日)では、JA士幌町の「生産者還元用ポテトチップス」(塩、のり塩、コンソメ)が1~3位を独占する中で、じゃがいも大福は10万2124個を売り上げ、4位にランクインしている。

 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で外出自粛が長引き、売り上げは減少。そこで、at LOCAL社員の高野華瑠菜(はるな)さんが「10万個達成の記念も兼ね、自宅にいながら大福を味わってほしい」と考え、今年から本格稼働したオンラインショップのラインアップに大福シリーズを追加した。

 商品名は「ピア21しほろ名物!大福食べ比べセット」(2808円)で、期間限定の「さくらじゃが大福」「かぼちゃみたらし大福」、おはぎを加えた4種類の味が一度に楽しめる。堀田社長も「まだ注文は少ないが、道の駅のファンをはじめ多くの人にここでしか味わえない大福を食べてもらいたい」と積極的に売り込んでいる。

 取り寄せる場合は別途送料が必要で、詳細は同駅の公式ホームページにあるオンラインショップを参照すると良い。問い合わせはat LOCAL(01564・5・5111)へ。

関連記事

日高報知新聞

日ごろの騎乗技術披露【浦河】

 浦河町西舎のJRA日高育成牧場の屋外角馬場で2日、夏季町民乗馬大会が開かれた。少年団から一般までの出場者は、障害飛越やジムカーナなど7競技で日ごろ積み重ねてきた騎乗技術の成果を競った。  大会...

日高報知新聞

「美味しいひだかのさかな」

 日高振興局は、新型コロナウイルス感染症の影響で価格が低迷し販売も不振な日高産魚介類の支援の取り組みとして、振興局職員による共同購入や動画配信で〝美味しいひだかのさかな”を全道にアピールしている。 ...

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...