北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「ウエペケレ8話の研究」を発刊 白老楽しく・やさしいアイヌ語教室

金成マツ筆録のウエペケレ研究の本を手にする大須賀るえ子さん

 白老町の「白老楽しく・やさしいアイヌ語教室」を主宰する大須賀るえ子さん(80)は、アイヌ民族の口承文芸を収録した「金成マツ筆録・盤木アシンナン口述ウエペケレ8話の研究」を刊行した。登別出身の口承文芸伝承者・金成マツ(1875~1961年)がローマ字で書き残したウエペケレ(散文説話)の原文を解読し、翻訳した。大須賀さんは「マツが筆録したウエペケレの翻訳を今後も進め、アイヌ文化の奥深さを伝えたい」としている。

 キリスト教伝道者でもあった金成マツは、アイヌ民族の物語を初めて文字化した「アイヌ神謡集」の筆者として知られる登別出身の知里幸恵(1903~22年)の叔母に当たる。アイヌ語研究の創始者で言語学者の金田一京助(1882~1971年)の勧めでユーカラ(叙事詩)など口承文芸の筆録に取り組み、1959年に「アイヌ叙事詩ユーカラ集」を刊行した。

 マツが記録した100編のユーカラは、アイヌ文化研究者らの手で翻訳が続けられたものの、160編のウエペケレについては未訳のままになっていた。このため、アイヌ語学習や口承文芸研究を行う同教室が日本語に訳して世に出すことを決意。マツがアイヌ語口述をローマ字で記した肉筆原文をマイクロフィルムで保存している道立図書館に出向き、コピーした原文の翻訳作業に昨年4月から取り掛かった。

 大須賀さんら教室メンバー7人が解読と訳文に挑み、マツが1932年に登別のアイヌ女性盤木アシンナンの口述を書き留めた8話を今年2月までに翻訳。公益財団法人アイヌ民族文化財団の助成で製本し、刊行した。

 アイヌ語のローマ字表記とカタカナ表記、日本語訳を載せたウエペケレ8編の題名は「婦人が家の周りで火を焚(た)く」「貧しい爺と婆の口喧嘩(げんか)」「感冒の神と一緒に宝物を見せ合う」「我が娘が私を悲しませた」など。アイヌ民族が親から子へと語り継いだ物語だ。

 刊行した本は、B5判255ページで200部印刷。町内の小中高校や町立図書館などに寄贈したほか、国内の図書館やアイヌ文化研究者らに配布する。

 同教室は今年度も引き続き、マツが筆録した「ウラシベツの首長が語った話」「悪叔父が我を山猟に行かせる」「黄金のとっくりの食事」などウエペケレ5話を翻訳し、本にまとめる予定。作業を主導する大須賀さんは「ストーリー展開が非常に面白く、書き手のマツの文学的才能を感じさせる。今後も未発表の物語の解明に挑戦していきたい」と話す。  同教室は2004年以降、口承文芸やアイヌ語方言などの研究成果をまとめた本の出版を続け、今回で15冊目となる。昨年は、白老出身でアイヌ民族の三大歌人とされる森竹竹市(1902~76年)が書き残したウエペケレを紹介した本を出した。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス