北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サクラマス養殖へ一歩 十勝で初【大樹】

 サクラマス養殖の飼育試験が20日、大樹町内で始まった。初日は浜大樹漁港に幼魚約360匹を搬入。22日に旭浜漁港内の海中いけすに放し、12月ごろまで育てる。試験は今年度から3年間行い、事業化を目指す。十勝管内でのサケ・マス類の養殖試験は初めて。

水槽内のサクラマスを確認する関係者

 栽培水産試験場(室蘭市)によると、道内でのサクラマスの海中養殖飼育試験は30年ほど前、桧山管内奥尻町などで行っていた。現在は試験場内での飼育試験にとどまっていたが、旭浜の海水温が夏場でも20度以下で、「海中」の適地として選ばれた。

 飼育試験は、大樹サクラマス養殖事業化研究会(高橋良典会長)が実施主体となり、大樹漁協(神山久典組合長)に委託して行う。

 この日はさけ・ます内水面水産試験場(恵庭市)から、平均約19センチの幼魚362匹が運び込まれ、浜大樹漁港内の淡水水槽に放された。水槽に海水を少しずつ入れながら慣らした後、22日に旭浜漁港内の網で囲った海中いけすに投入する。

 秋サケなどの基幹魚種がここ数年不漁が続いているだけに、事業化への期待は大きい。

 同漁協で主に秋サケ定置網漁に従事する高橋会長(41)は「実際に魚が届き、改めてやる気が湧いた。天然物がなかなか取れない時代なので、養殖を成功させ、ゆくゆくは商品化したい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

日ごろの騎乗技術披露【浦河】

 浦河町西舎のJRA日高育成牧場の屋外角馬場で2日、夏季町民乗馬大会が開かれた。少年団から一般までの出場者は、障害飛越やジムカーナなど7競技で日ごろ積み重ねてきた騎乗技術の成果を競った。  大会...

日高報知新聞

「美味しいひだかのさかな」

 日高振興局は、新型コロナウイルス感染症の影響で価格が低迷し販売も不振な日高産魚介類の支援の取り組みとして、振興局職員による共同購入や動画配信で〝美味しいひだかのさかな”を全道にアピールしている。 ...

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...