北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

小麦需要急増、フル生産 アルナチュリア、拠点増設【室蘭】

アルナチュリアが室蘭市中島町に急きょ増設した出荷拠点

新型コロナ外出自粛で一日出荷の20倍受注

 道産小麦の小分け製造、ネット販売しているアルナチュリア(室蘭市母恋南町、楠本幸貴社長)がフル生産を続けている。緊急事態宣言による外出自粛で、全国的にパン作りを楽しむ人が急増したからだ。人員を倍増する一方、急きょ出荷拠点を増設、顧客対応を急いでいる。

 同社は多様な道産小麦を取り扱い、大手の手の届かない小規模需要層をターゲットに、アルナチュリアブランドを全国に広げている。2019年度にはパン用強力粉の一つが、楽天市場粉類部門のグルメ大賞を受賞した。

 同社によると、小池百合子東京都知事がロックダウンに言及した3月途中から注文が増加。4月に入り社長や内勤社員も現場に入り全従業員12人で作業に当たったが、緊急事態宣言で受注がさらに加速。アルバイトを入れ、約20人態勢に拡大した。

 パンケーキミックスは4月下旬の3日間で、前年1年分を受注した。大賞受賞商品も含め、全商品で受注が増加しており、商品全体の受注は5月上旬で一日の出荷能力の20倍に。原料は十分だが、生産が追い付かない状況となっている。

 新型コロナ禍の先行きが不透明で需要が見通せない中、期間限定で新たな出荷拠点を設けることを判断、14日から稼働させた。中島町の旧スーパー跡を8月末まで賃貸し、パッケージングの機械などを設置。出荷能力を倍に拡大し、発送を急いでいる。

 楠本社長は「世の中が変わった気がしている」と驚き、「新型コロナがきっかけで複雑な思いはありますが、楽しむ人が増えたのは素直にうれしい。現在の受注状況が長く続くとは思いませんが収束後も、一定程度ベースは上がるのでは」と話している。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス