北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

クリ風味の「縄文ビール」 エンデバー函館店と縄文プロジェクトが共同開発【函館】

副原料にクリを使用した「縄文ビール」。量り売りで自宅でも風味豊かなクラフトビールが楽しめる

 クラフトビールを提供するカフェ「エンデバー函館店」(函館市湯川町1、鹿内誉之店長)は、縄文人が食べていたとされるクリを使った「縄文ビール」を販売している。「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を後押ししようと活動する「縄文DOHNANプロジェクト」(山田かおり代表)との共同開発。同商品をきっかけに、さらに幅広い世代に“縄文文化”を発信する考えだ。

 同店は併設した醸造所「函館湯川ブリュワリー」で自家製クラフトビールを提供しており、同プロジェクトの提案を受けて商品が企画された。

 縄文人が好んで食べていたとされるクリを副原料に選び、ローストして加えることで甘みや独特の風味を楽しめる。また、熟成期間を通常より長めに取ることですっきりとした味わいに仕上げた。醸造を担当した下田泰崇さんは「苦味が少なく誰でも飲みやすいのが特長」と自信をのぞかせる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はテークアウトのみでビールも量り売りをしている。同店のLINE会員になると100ミリリットル126円(税別)で、それ以外は210円(同)。ペットボトルや水筒など密閉できる容器を持ち込むか、専用のグロウラー(有料)もある。自宅でビールを楽しむ人も増えているといい、鹿内店長は「売り上げも好調で徐々に受け入れられている。ぜひ一度味わってほしい」と呼び掛けている。また、同プロジェクトの山田代表も「縄文の魅力を手軽に感じてもらえれば」と期待を込める。

 問い合わせは同店(0138・84・6955)へ。

関連記事

根室新聞

学校の先生がビデオ取材 コロナ対策で映像授業に【根室】

 成央小学校(小川一校長)の2年生の担任教諭2人が6日、根室海上保安部を訪問し、ビデオ取材を行った。新型コロナウイルス感染予防で子どもたちが職場見学ができないために行われたもので、撮影した映像...

根室新聞

市独自「中小企業等応援臨時助成金」受け付け延長【根室】

 根室市は6日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策で影響を受けた全業種を対象に、事業継続のため一律10万円を給付する根室市単独の緊急経済対策「中小企業等応援臨時助成金」の受け付けを今月末ま...

苫小牧民報

第62次南極地域観測隊 東胆振から2人参加

第62次南極地域観測隊の越冬隊員に東胆振から、苫小牧市澄川町の元小学校教員柴田和宏さん(45)=一般研究観測=と、安平町の元会社員久保木学さん(54)=野外観測支援=の2人が選ばれた。11月に...

苫小牧民報

ウポポイ 体験交流プログラムを再構築

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は、新型コロナウイルス対策の一環で、体験交流プログラムを再構築した。工芸品の制作や楽器の演奏など「密」につながる体験の...

苫小牧民報

白老観光インフォメーションセンター 土産物食品の販売開始

 白老町の駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)にある観光インフォメーションセンターが土産物の食品の販売を始めた。物販コーナーにはシイタケ、たらこ、白老牛など地元食材を使用した加工食品や、アイヌ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス