北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛肉消費盛り上げ 直販サイトや新商品【十勝】

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外食や物産展での牛肉需要が落ち込む中、管内の食肉生産・加工販売業者の間で、直販サイトの開設や新商品の開発など、消費喚起の取り組みが活発化している。

ノベルズ食品の直販サイト(右)と新たなパッケージなどを紹介する澤田次長

 十勝ハーブ牛の各種商品を扱うノベルズ食品(上士幌町、西尾康宏社長)は、道外のレストランやホテルなど業務用の需要が激減。4月10日に自社の直販サイト「十勝ハーブ牛専門店」を立ち上げ、一部商品は2~4割引きで提供している。

 上士幌町の道の駅開業に合わせて「レバー入りソーセージ」などの新商品も開発したが、道の駅のオープンは延期に。このため新商品も直販サイトでの販売開始となった。

 サイト開設から1カ月程度だが、反応は上々。同社営業部の澤田直子次長は「(直販サイトの立ち上げで)消費者のニーズを知ることができた。商品名には『十勝』とある。収束後、多くの人に十勝に来てもらうため周知に努めたい」と話している。

 ブラウンスイス牛や交雑牛の飼育と加工品の製造・販売を行う十勝清水コスモスファーム(清水町、安藤智孝代表)は、フェイスブックで告知し、電話やファクスで購入を受け付ける特別価格セットの販売を始めた。直販サイトとは別にSNSをフォローする同社のファン向けに特別感を与える販売戦略。通常価格より2割ほど値下げした商品を提供、売れ行きは好調だ。

 同社はコンセプト、ロゴ、ホームページの見直しを進めており、7月にもリニューアルする予定。安藤代表は「物産展は3~5月に3件が中止になった、自社商品のブランディングを強化して売り上げにつなげたい」とする。

 トヨニシファーム(帯広市、小倉修二代表)はホルスタイン牛と和牛などを飼育。自社の直販サイトを通じ、地元イベントや物産展に出品する予定だった商品の在庫を解消しようとキャンペーンを展開。「物産展中止企画」とし5月末まで、自社のECサイトで一定額を購入すると、送料を無料にしている。

 小売りでの扱いがなかったカルビ串の販売も4月から始め、新商品をアピール。小倉広樹専務は「販売サイトは前年比で倍以上の増加。売り上げは流動的で不安もあるが状況に合わせて対応したい」としている。

関連記事

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

十勝毎日新聞

ミルクバーアイス発売 よつ葉乳業【札幌】

 よつ葉乳業(札幌市)は3日、札幌市内で同社初のバータイプのアイスクリーム「よつ葉 至福のミルク」の発表会を行った。食感が異なる3層仕立てで高級感を演出。1日から発売している。  外側はパリ...

室蘭民報

大ぶりホッキ夏活気【登別】

 虎杖浜沖の夏のホッキ漁が1日解禁され、登別漁港(登別市登別港町)では2日、775キロが初水揚げされた。黒光りする大ぶりのホッキ貝がゴロゴロと揚がり、港を活気づけていた。  この日は早朝から漁船...

室蘭民報

名称、ロゴが商標登録 「えったま333」周知に力【伊逹】

振興会、特産品へ加速  伊達産の越冬タマネギのブランド化を目指す生産者グループ・伊達市えったま333(さんさんさん)振興会(堀篭司会長、8人)がPRに力を入れている。「えったま333」の名称と...

室蘭民報

「オウルズ」好評 カフェにリニューアルオープン【室蘭】

あんみつ、みつまめ自信作  室蘭市中島町のふれあいサロンほっとな~る内のチャレンジショップ「キッチン・オウルズ」が1日、「オウルズカフェ」としてリニューアルオープンした。室蘭では珍しいあんみつ、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス