北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

~本道近代化支えた産業遺産~いぶり炭鉄港めぐり(6)【室蘭】

港の周囲に広がる工場群と住宅街の夜景

輝く夜景、丘から一望

工場景観と企業 城下町のまちなみ

 ■味わい独特

 夜のとばりが下りて空の色が変わると、工場群の明かりが闇の中に輝き始める。港の入り口には東日本最長のつり橋・白鳥大橋が、きらびやかなネックレスのような美しい曲線を描く。国内有数の「工場夜景都市」と称される室蘭の夜景だ。港を取り囲む市内の大部分が丘陵地で、工場と工場勤務者や家族が暮らす街並みの明かりが海面に映る姿を見渡せるなど独特の味わいがある。

 ■観光資源に

 明治期以降の歴史的な工場などを再評価する「産業観光」が注目される中、誰もが楽しめる夜景は、観光資源の一つになっている。高度成をけん引した工業地帯は大気汚染問題などを経て環境再生を果たし、非日常の迫力ある景観として見直され、室蘭市では2009年(平成21年)9月、市の広報誌で特集を組んだのが、本格的な取り組みのきっかけとなった。

 11年には室蘭と川崎、三重県四日市、北九州の4市が「四大工場夜景エリア」を宣言し現在全国10市超に拡大。観光客や写真家から注目を集め、16年に始まった室蘭が舞台の滞在型写真コンテスト「撮りフェス」でも参加者の多くが被写体に選んでいる。

 ただ工場夜景の一角を担っていたJXTGエネルギー(東京)が昨年8月、室蘭製造所(当時)の総数1万個以上の保安灯のうち半数に近い約5千個の点灯を取りやめた。縮小される保安灯に代わる魅力を打ち出せるか正念場を迎えている。

 ■メッセージ

 基幹産業の製鉄業の合理化をきっかけに、市民が1988年(昭和63年)から「まちを元気にしよう」と続けている測量山の鉄塔のライトアップの存在も忘れてはならない。危機感を持った市民が87年、室蘭ルネッサンスを結成する。個人や団体が一晩4千円の費用を負担、合わせてメッセージを寄せると地元紙に紹介される。この仕組みは現在も変わらない。

 亡き家族や世話になった人への感謝の気持ち-。開始から途切れることなく続くメッセージに市民はさまざまな思いを込める。連続点灯は1万日を突破し更新を続ける。新型コロナウイルス感染症の流行が世界的な問題になってからは、早期終息への願いも加わった。

 夜景で有名なまちは数あるが、室蘭の夜景の魅力はこうした市民の小さな思いやりの光で形づくられている。工場群とともに輝く、家族やまちへの愛着と誇りが詰まった「希望の灯」。訪れた人に、背後にある「ストーリー」を伝えることができれば夜景は一層、輝きを増すはずだ。

 【メモ】 工場景観と企業城下町のまちなみは、工場群を取り囲む丘陵地の高台にある展望台や観光道路から見ることができる。問い合わせは室蘭観光協会、電話0143・23局0102番へ。

(2020年5月13日掲載)

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」21日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を21日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

苫小牧民報

「漁師の塩サイダー」販売中 むかわ町観光協会吉村燻製工房とコラボ

むかわ町観光協会は、町内の水産加工会社「吉村燻製工房」で作る塩を原材料にして製造した炭酸飲料「漁師の塩サイダー」を開発し、年明けから町内で売り出した。両者がコラボレーションし、商品開発するのは初め...

苫小牧民報

湖面に咲く氷の結晶、ウトナイ湖にフロストフラワー

苫小牧市植苗のウトナイ湖で凍り付いた湖面に「フロストフラワー」が咲いている。冷え込みの厳しい早朝に現れることが多く、その名の通り”霜の花”が点在する幻想的な光景が広がっている。  定期的に観察し...

苫小牧民報

中心部への移動便利に 苫小牧中央IC開通から1カ月

道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で...

室蘭民報

「自動受付機」導入、免許更新手続きスムーズに 室蘭警察署【室蘭】

 室蘭警察署(菊池和幸署長)は4日から自動車運転免許証の更新受け付けやICチップの記録内容などを確認できる「自動受付機」を導入した。利用者の更新受付時の待ち時間短縮や手続きの簡易化などが期待され...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス