北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

茅の輪で疫病退散を 虻田神社でコロナ収束願い設置【洞爺湖】

新型コロナ収束を願い、設置された茅の輪

 洞爺湖町青葉町にある虻田神社(野々村国男宮司)は、新型コロナウイルス感染拡大の早期収束を願い、疫病退散や無病息災を祈る茅(ち)の輪を設置した。例年、6月末の「夏越(なごし)の大祓(おおはらい)式」に合わせて設置するが、新型コロナ感染拡大を受け、時期を早めた。

 同神社によると、「大祓式」は半年間の罪やけがれをはらい清めるため、毎年6月と12月の末日に行われる古来からの儀式で、「古事記」や「日本書紀」に記述がある。6月30日の「夏越の大祓式」は、チガヤで作った茅の輪をくぐる神事も行われる。

 茅の輪は、神話「蘇民将来(そみんしょうらい)」にちなみ、チガヤでできた小さな輪を腰に着けていたが、江戸時代から現在の形に変化していった。

 今年は今月上旬に第2鳥居に設けた。直径2メートルほど。素材は時期が早いため、チガヤの代わりに稲わらを利用。輪の前で一礼し、左、右、左の順に8の字を描くように3回くぐった後、参拝する。

 野々村宮司は「薬がない時代は茅の輪で病が拡散しないように祈っていました。皆さまの心のよりどころになればと思い、新型コロナの一日も早い収束を願っております」と話した。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...