北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

なぜ140年も続いているのか【浦河】

 2017年9月に浦河町を訪れた兵庫県三田市のNPO法人「歴史文化財ネットワークさんだ」の6人の来町メンバーの1人、藤田裕彦さん(86)が、同市ゆかりの浦河町荻伏町の赤心社の歴史を中心に考察、紹介した「旧三田藩士・北海道の開拓に挑戦!理想郷を拓いた『赤心社』」(B5版52㌻)を刊行し、浦河町内の関係者や公的施設にも寄贈した。

 今年で140年の歴史を持つ赤心社は、北海道開拓を目的に神戸の三田藩の藩士だった鈴木清氏により、1880年(明治13年)に組織されたクリスチャンによる開拓団。

 翌1881年に兵庫や広島県から募集した約50人が浦河町東部の幌別川流域に入植。翌年に兵庫県三田出身の沢茂吉氏ら約80人が西部の荻伏町に入植し、浦河町振興の礎を築いた歴史があり、神戸市のすぐ北に位置する三田市のネットワークさんだの郷土史研究部会が赤心社、赤心社記念館、元浦河教会の視察や開拓団幹部の子孫と交流を深めている。

 藤田さんの「赤心社」の冊子は、公益財団法人・図書館振興財団の全国コンクール、2019年度「第23回図書館を使った調べる学習コンクール」で優良賞を受賞した作品。三田市図書館に所蔵の「新浦河町史」、赤心社刊の「ピューリタンの北海道開拓・赤心社百年」など10数冊の参考文献や多くの資料を読み込み仕上げた労作。

 藤田さんは同コンクールで神戸電鉄の誕生をテーマにした作品により、第21回コンクールで9万作品以上の応募の中から最高賞の文部科学大臣賞を受賞しており、他に優秀賞作品もある。

 浦河町の歴史解説を含めた開拓団の苦難の足跡、町基幹産業の育成へ貢献した功績、赤心社が開拓に成功した原因の推考、浦河町を視察した一行の様子なども紹介している。

 今回は100部刊行し、うち15部ほどを赤心社代表だった沢茂吉氏の孫にあたる現赤心社の沢恒明社長、同じく先祖が代表の塩出諭さんなど関係者と町郷土博物館ほか、町立図書館にも寄贈。  おわりに「赤心社の成功は『人を植えて心を耕し続けた』からだとの見方に同感」と書いた藤田さんは「赤心社の創立140年のお祝いの意味を込めて作品にし、浦河町の関係者にも贈ることにした」と話している。

藤田さんがまとめた赤心社の著書

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス