北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最後の展示会開催中【浦河】

 今月30日でカフェ営業を終了する浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店「ガーデンソング」で、最後の展示会となる「田中郁子・南健雄 美術二人展」が開かれている。30日まで。

 様似町の会社員の南さん(53)は同町出身で、田中さん(55)は浦河町在住の臨床美術士で新道展会員。2人はともに同店で個展など開催してきた常連。最後の展示会ということもあり、二人展を行うことにした。南さんは11回、田中さんは10回目の展示会。

 作品は、南さんが昨年9月~今年4月末までに描いて初披露となる素描と花の水彩画9点。田中さんは、南さんに合わせて、さらに店の雰囲気に合う抽象画や球形の抽象作品など12点。

 南さんは「人生初の個展を開いた場所がガーデンソング。展示会の最後を締めくくるのは自分たちの宿命だと思う。閉店は寂しい」と話し、田中さんは「浦河のみんなが集まるこの場所がなくなるのは寂しい。作家さんたちの作品を披露させてもらえる貴重な場所。街中にあり、人々が立ち寄りやすい場所。作品展をやらせてもらえて感謝しています」と名残を惜しんだ。

 2005年(平成17年)に家具店として開店した同店は、2008年からカフェも始め、その年の11月から現在まで毎月、町内と日高管内はもとより、札幌、横浜など町外からの作家の展示会場として愛されてきた。11年9カ月の間で作品展は139回を数え、延べ545人が作品を発表した。

 経営する荒木吉典代表(62)は「長い間、お店を利用していただき感謝しています」。妻の文子さん(66)は「作品展を毎月行ってきて、一番近くでいろいろな作品が見れて、自分が一番楽しめた。町内だけではなく町外から来たお客さんに『来てよかった』と言われたこともうれしかった。皆さんの作品に助けられた。全てのことが一番の思い出で、濃密な11年間でした。お客さんや作家さんたちに感謝しています」とお礼を述べていた。

最後の展示会を開いている荒木代表(中右)と妻の文子さん(同左)。作品を出品した南さん(左)、田中さん(右)

 入場無料。展示は午前11時から午後5時まで。日、月曜定休。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス