北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナ後 見えた 施設続々と 休業要請緩和【十勝】

 道が新型コロナウイルスに伴う休業要請を緩和した25日、管内でもさまざまな施設、業種で業務再開の動きが広がった。依然として感染リスクが高い一部施設への休業要請は続いており、再開した施設、業種も静かな再スタート。ただ、再開を待ちわびた住民にとっては、“コロナ後”の日常を取り戻すためのうれしい一歩となった。

マスクを着け、互いの距離に気を使いながら久々のボウリングを楽しむ来場客

 25日午前、帯広市内のボウリング場「帯広スズランボウル」(稲田町南8線)は、臨時休業した4月20日以来の営業を迎えた。場内には久々に愛好者たちが顔を見せ、ピンの快音が響きわたった。市内の70代男性はコロナ前に週3回ほど利用していた愛好者で「体を思い切り動かせる一番の場所。プレーできるのは楽しみ」と笑顔を見せた。

 同店では球やシューズの消毒などの対策を実施しているほか、利用者にはマスク着用などを呼び掛けている。1レーンの利用を3人までとし、密集を回避する措置を講じている。

 同市内の映画館「シネマ太陽帯広」(西3南11)も再開。午前中に来場した人の姿はまばらだった。客にマスクの着用を求め、前後左右の席にロープを張り一部席の利用を制限。当面は休館前に封切られた作品や過去の作品を上映する。

 市内の40代の男性会社員は「再開を待っていたのでうれしい。ホームページで感染症防止策をチェックしてから来た」と喜んだ。

25日に高齢者講習などを再開した帯広運転免許試験場。6月1日の免許証更新業務再開後は混雑も予想されている

 帯広運転免許試験場(西19北2)では、運転免許証に関する業務のうち、高齢者講習や認知機能検査などを再開した。午前中は混雑した様子はなく、訪れた人も手続きを済ませると足早に試験場を後にした。

 同試験場で再開されたのは高齢者関連のほか、学科試験や技能試験、停止・取り消し処分者講習、外国免許切り替えなど対象者が少数の業務。6月1日に免許証の更新業務の再開が予定されており、同試験場は「混雑を避けて来場してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス