北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

管内唯一の映画館「大黒座」が支援受け6月1日再開へ

上映再開に向け感染予防に気を配る三上館主

 4月20日から臨時休館していた浦河町大通2の映画館「大黒座」が、「映画の日」の6月1日から約40日ぶりに上映を再開する。三上雅弘館主は「休館中にたくさんの人から支援や励ましがありとても感謝している」と話す。上映時にはマスクの着用が必要だ。

 再開を前に、ロビーにはアルコール消毒液を置き、館内の「3密」を避けるための感染予防要望チラシも用意した。  三上さんによる大黒座「3密」の予防策や来館者へのお願いは①座席(48席)は2メートルを目安に距離を取り、退場時も前後で離れる②映画鑑賞時にはマスクを着用し、発声厳禁③館内の換気量アップのため、若干騒音が発生する場合がある―としている。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大黒座は臨時休館した4月20日以前から来館者はかなり減っていて、学校休校とも重なり子ども向け上映でゼロの日もあった。「映画を観る人が元のように戻るのか、ちょっと心配」という。

 うれしいこともあった。今回の休館に対し、町内外の有志でつくる「大黒座サポーターズクラブ」(新保雄司会長)が今月、緊急の応援として20万円を大黒座に贈った。

 会員が「今月は観る機会がないのでその分を」、「少しでも役立てて」とクラブにたくさん寄付があったという。

 さらに、「コロナ禍」で多くが閉館の危機にあった大黒座を含む全国のミニシアター(小規模映画館)に対し、「映画の灯を消すな」と多くの映画監督らが立ち上がった。5月中旬まで一カ月間、全国の映画ファンや企業から支援を募るクラウドファンディングによる「ミニシアター・エイド基金」のプロジェクトを展開した。

 クラウドファンディングの支援者には、全国ミニシアターでの無料鑑賞券やフリーパス(期間限定)などの特典がある。結果、5月中旬の締め切りまでに3億3000万円もが集まり、大黒座を含め基金に参加した全国118劇場(102運営団体)に、諸経費を差し引いた基金が寄付として配られる予定。三上さんは「皆さんの映画に対する思いが伝わった」と感激の思いだ。

 再開日の6月1日は「映画の日」で、当日の入館料は大人1000円、高校生以下800円。

関連記事

苫小牧民報

ウポポイ「観光の起爆剤に」 赤羽国交相が視察-白老

 赤羽一嘉国土交通相は4日、開業を12日に控えた白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)を視察した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「北海道の観光関連事業は大変、苦労している...

苫小牧民報

料亭於久仁、今月末で閉店 29年の歴史に幕「長年の利用感謝」

 ホテル運営や飲食業などを手掛ける於久仁(苫小牧市新中野町、不川貴与美社長)は、7月末で市内若草町の料亭於久仁を閉店する。新型コロナウイルスの感染拡大により、団体予約のキャンセルが相次ぐなどの打...

日高報知新聞

自動で来院者の体温測定【新ひだか】

【新ひだか】静内高砂町3の医療法人社団静和会石井病院(石井幸司理事長、職員165人)は、エントランスに管内初となる来院者の体温を測定する検温器「AI検温ソリューション」を設置した。  新型コロナ...

日高報知新聞

様似の海水浴場オープン【様似】

【様似】町が運営する西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場が4日、オープンし、関係者が安全祈願祭を行い、シーズン中の無事故を祈った。8月のお盆時期のキャンプ場は例年非常に混みあうため、状...

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス