北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

教育支援サービス・クラッシー活用 市函高生徒から好評【函館】

分散登校時にオンライン授業に取り組む市函高。クラッシーの導入も休校中は役立ったという

 市立函館高校(谷川敬一校長、生徒717人)は、教育支援サービス「クラッシー」を使い、生徒の学習状況や健康面の把握に努めている。以前から導入していたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校や分散登校をきっかけに活用の幅が広がり、オンライン授業も併用したことで新たな学校生活の可能性も見えてきた。同校は「通常授業が始まれば活用機会は減るが、メリットも大きかった。今後も上手く取り入れられれば」と期待する。

 同校では、大学入試改革で「主体的に学習に取り組む態度」が重要視されることもあり、生徒が能動的に学習や各種活動に取り組んだ課程を記録する「ポートフォリオ」の蓄積を目的に、クラッシーを18年度に導入した。

 クラッシーでは、スマートフォンなどを使い、教員と生徒が学習の指示や情報のやり取りができ、休校中は課題を提供したり、問題の解き方を指導したりした。生徒からは「苦手分野について聞きやすい」と好評だったという。

 また、ウェブ会議サービス「ズーム」を使った授業や、進路面談なども実施。面談で使った塩村亮教諭は「自宅からなのでリラックスして話ができたようだ。いつも以上に本音を聞け指導にも役立った」と話す。

 1年生は、実際の登校日数が少ない中での利用だった。齊藤裕子教諭は「2、3年生のように学校生活に慣れてはいないので大変だったと思う。次に休校があった場合に備え、取り組んでいきたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

ウポポイ「観光の起爆剤に」 赤羽国交相が視察-白老

 赤羽一嘉国土交通相は4日、開業を12日に控えた白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)を視察した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「北海道の観光関連事業は大変、苦労している...

苫小牧民報

料亭於久仁、今月末で閉店 29年の歴史に幕「長年の利用感謝」

 ホテル運営や飲食業などを手掛ける於久仁(苫小牧市新中野町、不川貴与美社長)は、7月末で市内若草町の料亭於久仁を閉店する。新型コロナウイルスの感染拡大により、団体予約のキャンセルが相次ぐなどの打...

日高報知新聞

自動で来院者の体温測定【新ひだか】

【新ひだか】静内高砂町3の医療法人社団静和会石井病院(石井幸司理事長、職員165人)は、エントランスに管内初となる来院者の体温を測定する検温器「AI検温ソリューション」を設置した。  新型コロナ...

日高報知新聞

様似の海水浴場オープン【様似】

【様似】町が運営する西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場が4日、オープンし、関係者が安全祈願祭を行い、シーズン中の無事故を祈った。8月のお盆時期のキャンプ場は例年非常に混みあうため、状...

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス