北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

老舗染元 平田染工場が特大サイズの「大漁旗」完成【浦河】

 浦河町常盤町の平田染工場(平田貴敬代表)が、一般的な大漁旗の2倍となる特大サイズの大漁旗を完成させた。

 平田染工場は創業88年の老舗の染元。豊漁を願う大漁旗からのれん、のぼり、競走馬の横断幕、応援幕、半てん、小物などを受注生産し、平田代表(49)は3代目。受注は、南は福岡県まで全国各地にのぼる。

 製作の工程は、生地裁断→精錬漂白→乾燥→下絵・型作り→手糊置き・型糊置き→乾燥→地入れ→乾燥→染色→乾燥→色固着→水元→色止め→乾燥→縫製まですべてを仕上げる。機械では出せない、手間と時間をかけた、職人が心を込めて創る逸品だ。

 今回は新型コロナウイルスの緊急事態宣言があり、2月下旬から4月初旬まで「注文の電話がぴたりと止まった」という。

 一般的な大漁旗は、210×140センチで、町内などで受注する大漁旗は180×130センチ。

 今回、函館方面から4日に注文を受けた大漁旗は、360×250センチの特大サイズ。

 防染のり作業では10時間立ちっぱなしで行うなど時間をかけ、大変な作業をこなしながら2週間で完成させた。

 平田代表は「お客さんの喜ぶ姿を見るのがうれしい。それに応えられるように気持ちを込めて、一つひとつ一番いいものを作っていきたい」と話していた。

染上がり、乾燥させている大漁旗

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス