北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

青空の下 再始動 帯北で全体練習再開 高校野球【帯広】

打撃練習に励む選手たちを田澤圭司監督(左)が見守る

 高校野球にバットの快音が戻りつつある。新型コロナウイルスの影響による練習休止および夏の甲子園大会中止の衝撃を経て、十勝管内各校が練習再開への動きを見せ始めた。管内最多の部員57人を擁する帯北(田澤圭司監督)は30日、同校グラウンドで約6週間ぶりとなる全体練習をスタートさせた。今季初の真夏日となった十勝の青空の下、約3時間にわたって打撃練習を行った。公立校など他校は6月から始動。昨秋の全道覇者の白樺学園は6月2日に再開する。

 本格的な練習再開に向けての準備としてすでにボールを握っている学校があるものの、管内での全体練習再開は帯北が皮切り。安全に考慮しながら白球を追った。久々に全選手の動きを目にした田澤監督は「思ったより体が動いている。不完全燃焼で終わることなくやり通してほしい」とうなずいた。

 20日に第102回全国選手権大会および地区予選大会の中止が決まった。その直後こそ3年生13人の中には引退を考える選手もいたが、3年生のみでミーティングを行い、一人ずつ気持ちを再確認した。「甲子園がなくなったのはショックだが、みんなで一緒に野球を終われるのはうれしい。親や仲間に感謝の気持ちを伝えたい」と松本瑛翔(えいしょう)主将(3年)は前を見据えた。

 昨夏の北北海道で8強入りした帯北は新チームで臨んだ同年秋、支部予選初戦で敗退したため、公式戦経験は1試合のみ。松本主将に至っては当時、右足首をけがしていたため、新チーム以後の公式戦出場はゼロに終わった。ただ休校期間中は毎日8キロのランニングや河川敷でのキャッチボール、進学のための勉強と努力してきた。その証しを少ない期間でもしっかり残すつもりだ。

 松本主将は「野球はやっぱり楽しい。部活をやっていたときより食べないので痩せてしまったが、(体力は)ばっちり。最後まで後悔なくやり切ることだけを考えたい。(開催検討中の北海道独自大会は)思い出づくりではなく最高のメンバーで勝ちにいきたい」と気持ちを奮い立たせている。

 練習試合は、管内各校の取り決めで6月第3週目以降となっているため、帯北は計画していた旭川遠征などを中止にした。今後は予定を新たに組み、土日にダブルヘッダーをこなして試合経験を積んでいく。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス