北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

北の玄関口、活性化目指す 苫小牧埠頭と道エアポートが連携協定

 倉庫、港湾物流の苫小牧埠頭(苫小牧市)と新千歳空港を運営する北海道エアポート(千歳市、HAP)は1日、「北海道ダブルポート連携基本協定」を締結した。北海道の玄関口である苫小牧港と新千歳の特性を生かした物流、道内経済の活性化を目指す。海上輸送と航空輸送の連携は、国内では沖縄県や福岡県などで進んでいるが協定の締結は全国初という。

 連携項目は①輸出戦略商品などの継続的情報交換と共有化②共同作業によるダブルポートセールス③倉庫バックアップ機能としての相互利活用④非常時の相互補完を通じた業務継続計画(BCP)強化と地域物流の安定確保⑤その他長期的構想・課題についての研究―の5点。

 具体的には、苫小牧港利用推進協議会が行うポートセールスに空港関係者が参加したり、国内のPR展への出展、貨物スペースの相互利活用、災害時に緊急時物資輸送の協力などを想定する。

 首都圏の物流保管機能の代替といった物流の長期的課題の研究も行う方針だ。  苫小牧埠頭の橋本哲実社長は「ダブルポートの具体的な取り組みとして、民間企業同士で第一歩を踏み出した」と意義を強調。「苫小牧と千歳は北海道の成長のハブ(拠点)になり得る。海と空をうまく連携させ、道内の発展に貢献したい」と語る。

 北海道エアポートは、新千歳空港以外の道内6空港(稚内、函館、釧路、女満別、旭川、帯広)から新千歳に空輸された水産物や農産物を苫小牧埠頭の倉庫などで貯蔵。苫小牧港から輸出する構想を抱く。

 蒲生猛社長は「両港を生かした人と物の動かし方を考えていく」と話した。

関連記事

苫小牧民報

ウポポイ「観光の起爆剤に」 赤羽国交相が視察-白老

 赤羽一嘉国土交通相は4日、開業を12日に控えた白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)を視察した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「北海道の観光関連事業は大変、苦労している...

苫小牧民報

料亭於久仁、今月末で閉店 29年の歴史に幕「長年の利用感謝」

 ホテル運営や飲食業などを手掛ける於久仁(苫小牧市新中野町、不川貴与美社長)は、7月末で市内若草町の料亭於久仁を閉店する。新型コロナウイルスの感染拡大により、団体予約のキャンセルが相次ぐなどの打...

日高報知新聞

自動で来院者の体温測定【新ひだか】

【新ひだか】静内高砂町3の医療法人社団静和会石井病院(石井幸司理事長、職員165人)は、エントランスに管内初となる来院者の体温を測定する検温器「AI検温ソリューション」を設置した。  新型コロナ...

日高報知新聞

様似の海水浴場オープン【様似】

【様似】町が運営する西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場が4日、オープンし、関係者が安全祈願祭を行い、シーズン中の無事故を祈った。8月のお盆時期のキャンプ場は例年非常に混みあうため、状...

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス