北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

様似観光案内所が再オープン まだ観光客はまばら【様似】

【様似】JR様似駅に併設する様似観光案内所が5月30日、再オープンした。今シーズンは4月1日に開設し、その後の新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、同月20日から臨時閉鎖していた。

 案内所前は、えりもや浦河方面に向かうバスの発着場になっていて、例年この時期は春の高山植物が咲きだす人気のアポイ岳登山や町内外の景観地を巡る観光客などでにぎわうが、今年はまだ人影は少ない。

 再開に当たり案内所内に手指の消毒アルコールを置き、消毒とマスクの着用を呼び掛けていて、換気にも気を配っている。

 案内所には様似を紹介する写真やパネル、アポイ岳ジオパークの案内、同町と浦河、えりも、十勝管内広尾町で構成する「とんがりロード」の観光スポットのパンフレットなどを多数置いて、無料配布している。

 また、「お土産ショップ・みな様に」で、町内特産の海産物やイチゴなどの加工製品、オリジナルグッズなどを販売。営業時間中は荷物の一時預かり(100円)もしている。

 案内所のスタッフは「新型コロナの影響でまだ観光客は少ないが、感染防止を心掛け開設していきたい。案内所にはバスなどを待つ時間がある人が立ち寄り、近くの食事処や見所などを尋ねる人が多い」と話している。

 今シーズンは10月11日までの開設で、期間中は無休。午前8時半から午後4時半まで利用できる。☎0146・36・2551

5月30日に再開した様似観光案内所

関連記事

苫小牧民報

ウポポイ「観光の起爆剤に」 赤羽国交相が視察-白老

 赤羽一嘉国土交通相は4日、開業を12日に控えた白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)を視察した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「北海道の観光関連事業は大変、苦労している...

苫小牧民報

料亭於久仁、今月末で閉店 29年の歴史に幕「長年の利用感謝」

 ホテル運営や飲食業などを手掛ける於久仁(苫小牧市新中野町、不川貴与美社長)は、7月末で市内若草町の料亭於久仁を閉店する。新型コロナウイルスの感染拡大により、団体予約のキャンセルが相次ぐなどの打...

日高報知新聞

自動で来院者の体温測定【新ひだか】

【新ひだか】静内高砂町3の医療法人社団静和会石井病院(石井幸司理事長、職員165人)は、エントランスに管内初となる来院者の体温を測定する検温器「AI検温ソリューション」を設置した。  新型コロナ...

日高報知新聞

様似の海水浴場オープン【様似】

【様似】町が運営する西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場が4日、オープンし、関係者が安全祈願祭を行い、シーズン中の無事故を祈った。8月のお盆時期のキャンプ場は例年非常に混みあうため、状...

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス