北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

JALスタッフが農業支援 人手不足解決の力に【函館】

アスパラの採光性を良くする枝かき作業をするJAL函館空港所のスタッフ(1日午前10時半ごろ、函館市白石町で)

 日本航空(JAL)函館空港所のスタッフは1日、社会貢献活動として地元の農業支援を開始した。函館市白石町の函館農業生産法人(大槻寅男代表)で6月中旬までを予定し、人手不足解決の力になる。

 JALでは新型コロナウイルスの影響で3月中旬から東京羽田便などで減便が続き、空港勤務の人員に余裕があることで、スタッフが地域貢献活動を探そうと市農林水産部と相談し、同法人で農業支援をすることとした。活動はテレワークの時間を活用する。

 この日はJAL函館支店の岩崎景生支店長ら男女計5人が訪れ、アスパラガスの風通りや色付きを良くするための下枝かきを行った。暑さに気を付けながら、高さ約1メートル50センチの茎葉の下枝を専用はさみで丁寧に刈り取った。

 同法人でアスパラガスを育てるハウスは50棟(1棟約330平方メートル)で、下枝かきはこの時期に大切な作業。外国人技能研修生は7人いるが、ほかにも多くの野菜を育てているため、大槻代表(69)は「やってもらいたい作業はたくさんあるので支援は助かる」と感謝する。

 作業したJALスカイ札幌の谷本由実さん(27)は「たくさんあるので体力が必要。地域の名産品を作る苦労が分かり、ますます道南をPRしたい」、小窪紗英さん(21)は「高校時代に農業体験をしたが、地域貢献活動としての機会をいただきうれしい」と話し汗をぬぐった。

 同部によると、市内では農業分野で技能実習生など外国人労働者は多くなく、新型コロナの影響で来日できず人材不足という大きな打撃はないという。ただ今後は収穫期を迎えた野菜で、出荷作業に関わるパート人材の確保が難しくなることや、「密」を避けるため間隔を開けて行うと作業効率が悪くなってしまうことが考えられるという。

 岩崎支店長は「時間のある時に、自分たちができることをしていきたい」と話した。

関連記事

函館新聞

おでん、クリスマス列車楽しんで いさ鉄【函館】

 北海道オプショナルツアーズ(札幌)は、道南いさりび鉄道(函館、川越英雄社長)の観光列車「ながまれ海峡号」を使った「いさりびおでん列車」(11月20日)と「クリスマストレイン」(12月25日)を...

函館新聞

乾燥ニンニクいかが 北斗で販売中 ソーシャル・エイジェンシー【北斗】

 【北斗】野菜の有機栽培に取り組む「ソーシャル・エイジェンシー」(函館市富岡町1、榊清市社長)は、自社農場で育てた乾燥ニンニクを販売している。大人のこぶしよりひと回り大きいサイズで、素揚げや丸焼...

日高報知新聞

静内ロータリーへ【新ひだか】

【新ひだか】町は13日、姉妹都市交流事業の中の米国ケンタッキー州レキシントン市語学留学事業資金に300万円を寄付した静内ロータリークラブ(不動新作会長、会員64人)を善行表彰した。  6月26日に創立5...

日高報知新聞

襟裳岬緑化地帯で現地学習【えりも】

【えりも】道立北の森づくり専門学院(旭川市)の1年生35人が12日、襟裳岬国有林の緑化地帯を見学して緑化事業の取り組みを学んだ。  同学院は、林業技術者を養成する2年制の教育機関。学生が道内各地の特...

室蘭民報

アプリ開発イベント「ハッカソンキャンプ」 工学院生チーム優秀賞【登別】

学びの成果発揮  アプリ開発イベント「登別ハッカソンキャンプ」で、日本工学院北海道専門学校ITスペシャリスト科の学生を中心としたチームが優秀賞(1位)を獲得した。学びの成果を発揮した学生たちは、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス