北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫中央ICの建設工事着々と 今夏造成終了、年度内完成へ-道央道

今夏には用地造成が終わり、道路の舗装工事が本格化する苫小牧中央IC(仮称)=5月29日、ドローンで撮影

 道央自動車道苫小牧中央インターチェンジ(IC、仮称)=苫小牧市高丘=の建設工事が2020年度内の完成に向け、着々と進んでいる。事業主体は道で、一部を東日本高速道路(ネクスコ東日本)に委託。新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念されたが、現時点で工事の進捗(しんちょく)に目立った影響は出ていない。引き続き感染防止対策を徹底させながら、早期の利用開始を目指す。

 苫小牧中央ICは、苫小牧東ICと苫小牧西ICのほぼ中間に位置。国道276号と本線を結ぶ延長1・2キロ(幅員14・5メートル)の連結道路などを整備する。

 完成すれば、市内の2次医療機関が立地する中心部や苫小牧港とのアクセス性が大幅に向上。広域医療の連携強化や物流の効率化はもちろん、観光への波及効果も期待される。

 事業費は約31億円で、道と国で50%ずつ負担。16年、事業着手に必要な「連結許可」が国土交通省から通知され、用地買収や調査設計などを経て17年8月、本工事に入った。

 建設現場では掘削した土砂を運び出しながら、用地を造成する作業が続く。運搬した土砂量は19年度末までに約39万立方メートルに上り、最終的に搬出する土砂量(50万立方メートル)の78%を処理した。

 造成工事が終わる夏頃からは、道路ののり面に芝生を敷き詰める補強工事など舗装工事が本格化する。

 高速道路本線をまたぐ橋梁(きょうりょう)については18年に着工し、19年度までに完成済み。ネクスコ東日本が担う料金所や重機車庫の建設、本線を挟んで南(市街地)側の連結道路やのり面などの整備も「順調に進んでいる」(同社広報課)。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、工事は現場作業員の間隔確保など感染予防に気を配りながら進められているが、室蘭建設管理部の担当者は「今のところ、新型コロナは工程にほぼ影響を与えていない。計画通りに工事は進んでいる」と強調。「舗装工事の施工計画を作成し、資材の手配に入った。早期完成を目指す」としている。

関連記事

函館新聞

文団協芸術展で函館市民文化祭開幕 個性光る力作多彩に【函館】

 今年度の函館市民文化祭が30日、市芸術ホールで開幕した。初日はギャラリーでの展示部門「清秋・函館市文団協芸術展」や茶席が設けられた。  市教委と市文化団体協議会(文団協、今井憲克会長)、市...

函館新聞

ナガイモ秋掘り盛ん 強い粘りと甘み 北斗・谷観光農場【北斗】

 【北斗】北斗市向野の谷観光農場(谷文貴代表)で、ナガイモの秋掘りが本格化している。今年産の収量は平年並みの見込みで、31日から直売も始める。  谷さん方では今年1・3ヘクタールに作付け、今...

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス