北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

イオン向けサイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻たま」

「うずらのプリン」「燻たま」

 室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウンし、手ごろ感を出した。取引拡大に期待している。

 今年2月に東京の幕張メッセで開かれた大規模商談会「スーパーマーケット・トレードショー2020」に参加して商品をPR、今回の新規出荷につながったという。

 いずれもうずら園を代表する人気商品。プリンは「臭みのないウズラ卵」だからこそできる室蘭発祥スイーツで、きめ細やかな食感と濃厚な味が特徴。燻たまは「味付けうずら卵」を使った本格的な一品。

 通常販売の商品より内容量を小さくして、イオン向け専用商品にし、道産食品登録マークを入れた。プリンはプレーン、プルーンなど3種で税込み300円。燻たまは4個入りで200円(税別)。

 三浦社長は「もともとイオンの中元や歳暮で既存商品の取り扱いはあったが、最近はなかった。今回は専用商品でもあり、安定出荷を目指していきたい。商品の認知度向上にもつながれば」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

音更産リーキ 食べて応援を 麦音で5、6日まつり【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要が落ち込む中、西洋野菜リーキの消費を応援しようと、5、6日に帯広市内の麦音で「リーキで元気まつり」が開かれる。竹中農場(音更町、竹中章代表)のリーキを使用し...

十勝毎日新聞

清水高 連覇 とかちマルシェ料理甲子園【十勝】

 全国の高校生が十勝産食材を使ってオリジナル料理を競う「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が28日に行われ、「十勝を発掘!? わくわくごはん」を作った清水高校のチームが優勝...

十勝毎日新聞

十勝生まれの赤色 ラズベリーで限定製造 帯広ビール【帯広】

 地ビール製造の帯広ビール(帯広、平林英明社長)は今年も十勝産ラズベリーをぜいたくに使った期間限定ビール「フランボワーズ」を発売した。真っ赤な色と華やかな香りが特徴だ。  「フランボワーズ」...

十勝毎日新聞

ゆで落花生 今年も販売 十勝グランナッツ【帯広】

 十勝で落花生のバリューチェーン(価値の連鎖)化を目指す「十勝グランナッツLLC」(帯広、田中一郎代表)は12月1日から、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」をコープさっぽろなどで数量限定...

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス