北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

新鮮なチップを多彩に味わえる弁当3種

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義朗社長は「コロナ禍収束後の誘客につながる支笏湖ならではのテークアウト弁当を―と、総力を挙げ取り組んだ」と力を込める。8月末までの週末は同旅館と支笏湖畔の直営レストラン「メメール」で販売、平日は予約販売する。

 「丸駒チップめし」は、佐々木社長の幼少時、祖母ヨシヱさんが焼いたチップの身をほぐして作ってくれたという「家庭の味」。佐々木社長がご飯にチップの魚醤(ぎょしょう)で下味を付けアレンジした。ほぐしたチップをたっぷり敷き詰め、ギョウジャニンニクのしょう油漬けとラッキョウを添えた。

 「丸駒チップ押し寿司」(握り4貫)は宿泊客に人気のメニュー。取れたての脂が乗った甘い支笏湖チップを酢で締めた。「丸駒チップ天寿司」(同)は衣を薄くして揚げたチップの天ぷら寿司。大葉とおぼろ昆布であっさりとした味に仕上げた。

 3種とも価格は消費税込み700円。包装紙には、釣り舟が湖面を埋めたチップ漁全盛の1963年当時の支笏湖、チップの塩焼きや大きなチップの写真を採用した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で客足が途絶え始めた3月に弁当作りに着手した。「味、量とも満足いただけるはず。家族や仲間同士で食べ比べ、チップの魅力を楽しんでほしい」と佐々木社長。「支笏湖には昔、山線(王子軽便鉄道)の駅があった。今後は地域と協力して支笏湖ならではの駅弁を作って発展させたい」と熱く思いを語る。

 問い合わせ、予約は丸駒温泉旅館 電話0123(25)2341。

関連記事

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

十勝毎日新聞

ミルクバーアイス発売 よつ葉乳業【札幌】

 よつ葉乳業(札幌市)は3日、札幌市内で同社初のバータイプのアイスクリーム「よつ葉 至福のミルク」の発表会を行った。食感が異なる3層仕立てで高級感を演出。1日から発売している。  外側はパリ...

室蘭民報

大ぶりホッキ夏活気【登別】

 虎杖浜沖の夏のホッキ漁が1日解禁され、登別漁港(登別市登別港町)では2日、775キロが初水揚げされた。黒光りする大ぶりのホッキ貝がゴロゴロと揚がり、港を活気づけていた。  この日は早朝から漁船...

室蘭民報

名称、ロゴが商標登録 「えったま333」周知に力【伊逹】

振興会、特産品へ加速  伊達産の越冬タマネギのブランド化を目指す生産者グループ・伊達市えったま333(さんさんさん)振興会(堀篭司会長、8人)がPRに力を入れている。「えったま333」の名称と...

室蘭民報

「オウルズ」好評 カフェにリニューアルオープン【室蘭】

あんみつ、みつまめ自信作  室蘭市中島町のふれあいサロンほっとな~る内のチャレンジショップ「キッチン・オウルズ」が1日、「オウルズカフェ」としてリニューアルオープンした。室蘭では珍しいあんみつ、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス