北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

支笏湖眺めくつろげる ビジターセンターに階段型デッキ整備

支笏湖ビジターセンターに設けられる階段型デッキの完成予想図

 環境省は支笏湖園地の再整備事業の一環で、今年度、千歳市支笏湖温泉の支笏湖ビジターセンターに、湖を眺めながら座ってくつろげる階段型のデッキを新設する。景観の向上へ、商店街などの送電線の地中化も進め、園地の利便性と満足度アップを目指す。

 同省は2000年度から、自然公園核心地域総合整備事業(緑のダイヤモンド計画)の一環で、支笏湖園地の遊歩道や駐車場の整備、園地のバリアフリー化などに取り組んできた。

 ただ、遊歩道などは整備から年月がたち、ウッドチップや舗装が劣化し、案内標識などの施設も老朽化。14年10月に支笏湖温泉旅館組合や支笏湖まつり実行委員会など地元関係6団体が、施設の再整備を求める要望書を提出していた。

 同省は16年度に新たな基本計画、18年度に実施設計を策定し、園地の再整備事業に着手。すでにトイレや親水広場の改修、案内看板の更新などを終えている。

 階段型デッキは車いす動線に配慮し、ベンチも設置。湖側に、訪れた人がゆっくりと休める空間を創出したい考えだ。階段2段分の高さに相当する「ステップテラス」を設けることで、支笏湖を眺めながら座ってくつろげるようにする。5月中旬から工事を本格化しており、10月中旬の完成を目指す。

 電線の地中化も地元団体の要望事項で、商店街を中心に計19本の電柱を撤去し、電線や通信線は地中に埋設。園地に張り巡らせている電線が無くなることで景観が向上し、強風などで風倒木が発生した際も断線するリスクを低減できる。今月下旬にも着工し、年内に完工する見通しだ。

 このほか、駐車場から商店街に至る動線を歩道の再整備などで明確化。照明のLED(発光ダイオード)化、中央広場のデッキ改修なども進める。17年度以降の再整備の総事業費は約6億4000万円という。

 環境省支笏洞爺国立公園管理事務所の千田智基所長は「これからも訪れた人が『また来たい』と思える場所にしていきたい」と話した。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...