北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ニホンザリガニ生息確認 苫小牧の西部河川に

市美術博物館の調査で見つかったニホンザリガニの幼体(右の2匹)=提供=

 苫小牧市美術博物館が昨年11月から今年5月にかけて苫小牧市内の河川で行った調査で、環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されているニホンザリガニが市内西部の河川で生息していることが確認された。現在開催している企画展「水と生命~川と生き物のつながり」の中で概要を紹介している。同博物館は今後も継続的に調査を行い、生息状況を詳しく確認する方針だ。

 ニホンザリガニは北海道と東北地方の一部に分布する日本固有種のザリガニ。主に河川の源流部や湧水地に生息しているが、近年は自然環境の変化によって生息数が減少しており、環境省が絶滅の危険が増大している種に位置付ける「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されている。

 苫小牧でも40年ほど前までは市街地近郊の河川や湿地などに多く生息し、市民にとって身近な存在だったが、最近は見掛ける機会も激減している。同博物館の江崎逸郎学芸員(44)は「ニホンザリガニが好む環境が開発行為などで消失していることが、生息数の減少につながっているのでは」と話す。

 近年の正確な生息状況については同館でも把握していなかったことから、企画展の開催決定を機に、昨冬から今春にかけて調査を実施。市内西部地域の河川で幼体を発見したという。同館は今後も調査場所や時期を広げて調査を継続するとともに、文献資料など既存の情報を収集し、苫小牧における生息状況の実態把握に努める考えだ。

 江崎学芸員は「ニホンザリガニに焦点を当てた調査は市内でも珍しい試み」と説明。「身近な場所で見掛けるようなことがあれば情報提供をお願いしたい」と呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...