北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウポポイ7月12日開業 国内の移動自粛緩和で-白老

7月12日に開業するアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間

 赤羽一嘉国土交通相は19日の記者会見で、白老町のポロト湖畔に整備したアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)を7月12日に開業すると発表した。オープンは当初4月24日に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で2度にわたり延期されていた。感染拡大の落ち着きで都道府県をまたぐ移動自粛が19日に緩和されたことから、7月開業に踏み切る考え。

 開業前日の7月11日には、ウポポイの国立アイヌ民族博物館前広場で菅義偉官房長官、赤羽国交相、萩生田光一文部科学相ら政府関係者と、地元の自治体首長やアイヌ協会関係者らが出席する開園記念式典を開く予定だ。

 赤羽国交相は会見で、「ウポポイが最高の形でスタートできるよう、感染症対策もしっかりと講じつつ準備に取り組みたい」と述べた。

 鈴木直道知事は同日、「道民が開業を楽しみにしていたウポポイであり、期待が高まる」との談話を発表した。新型コロナにより本道の社会経済が大きな影響を受けている中、「ウポポイはアイヌ文化の復興・発展はもとより、観光振興や地域振興のけん引役として期待している」と強調。今後も「国や白老町、ウポポイを応援する人たちと連携し、ウポポイの魅力発信に取り組んでいく」とした。

 開業日の決定に地元白老町の戸田安彦町長も、「2度にわたり延期されたオープン日が決まり、大変に喜ばしい」とのコメントを出した。

 ウポポイはアイヌ民族の歴史や文化を伝える博物館と体験・公演施設を配置した「国立民族共生公園」、全国の大学などに研究目的で保管されていたアイヌ民族の遺骨を納めた「慰霊施設」で構成される。国はポロト湖畔の約10ヘクタールの用地に200億円を投じて施設を整備し、昨年5月施行の新法で先住民族と位置付けたアイヌ民族の誇りや尊厳を取り戻す政策推進の象徴とした。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...